関東

大洗あんこう祭り&周辺観光ツーリング

投稿日:

茨城県の大洗にアンコウ祭りに行ってきました!

また、せっかく大洗まで来たということなので周辺の観光もちょっとしておきました。

ルートは高速で現地まで直行

今回は現地の観光ツーリングでしたので、大洗の近くの高速ICまで高速道路です。帰りも同様です。

二輪周遊プランで往復2,500円で済みますが、来年からどうなるんでしょうかね・・・一応11月で終わりです。

バイクの駐輪場はサンビーチ海水浴場 or 町営第一駐車場が利用可能

さて、現地で観光するにはバイクをどこかに停める必要があります。

ネットで調べてもなかなか情報が無く(汗)、たぶんバイク停めるスペースぐらいあるだろうと踏みサンビーチ海水浴場の駐車場へ向かうことに。

これが大正解で、無事そこの駐車場を利用することができました。

駐車料金はこの時期は徴収していないようで、無料で停めることができました。

南側から県道二号を北上し、一つ目の信号を右に曲がったとこの駐車場で問題ありません。

そのあと誘導員の指示に従い駐車場に行きました。

バイク置場までの道がフラットダートで焦りました(汗)

後は、現地散策をしているときに発見したのですが、町営第一駐車場(マリンタワー展望室から撮った画像が下)というところにもバイクが多数停められていました。

どうやらこちらも無料のようですねー。太っ腹だ!

大洗あんこう祭りの見どころ

今回大洗あんこう祭りに初参戦だったのですが、見どころはだいたい以下の通りです。

・あんこう吊るし切り

・あんこう汁一杯100円、あんこう鍋数量限定販売

・アニメ「ガールズ&パンツァー」の聖地

会場は、大洗マリンタワー付近のメイン会場と、少し北にいったところの商店街の歩行者天国の2つに分けられています。

マリンタワー周辺はあんこう中心で、歩行者天国のほうはガルパンの痛車などが並べられているサブ会場という感じでした。

あんこう吊るし切り

今回は一応これを見に来ました!

9時半からの部と、1時からの部がり、朝の九時半は東京からだったのでちょっと時間的にしんどいかなと思い昼の部を見ることにしました。

結局到着したのは12時半ぐらいだったので、結構ギリギリでしたね笑。

あんこうの吊るし切りは、近くの大洗ホテルの料理長の方が来られて実演していました。

部位の説明をしながら切り落としていき、最終的には以下のように顔と背骨だけのようになってました!

せっかく食用としてとられるのであれば、こんな感じで捨てる部位無く全部食べるほうがいいですよね。

あんこう汁は整理券に間に合わず・・・あんこう鍋はなんと朝の6時から並んでたそうです(汗)

アンコウ汁1杯100円も結構狙ってたのですが、12時半過ぎぐらいに並んだところで整理券が無くなってしまいました笑。

1時間前から整理券は配布しているようなので、もし食べるのならば1時間前から並ぶのが良さげです笑。

あんこう鍋1つ4000円、60食限定については、朝の6時から並んでいたそうで・・・笑。

せっかくここまで来て食べられないのもなあーという感じで屋台を見回ってたら普通にあんこう鍋売ってました笑。まああんこう祭りなら当然か。

一杯350円でした。ついでにから揚げも一緒に買いました。

アンコウは深海魚なので骨が柔らかく、骨の食感がサクサクとスナック菓子のようで独特でした。

あんこうから揚げは結構おいしかったです!あんこう汁はまあまあって感じですね。

あんこうの身はそこそこです笑。

あんこう自体も売ってました。高いですねー。

真ん中上のあんこうは口の中に魚が入ったままという・・・笑。

あんこう鍋セットを郵送で送れたので、買って実家に送っておきました。

大洗マリンタワーの展望室から大洗市街を見下ろす

大洗にせっかく来たので、大洗マリンタワーにも上ってみました!

展望室まで330円です。

展望室の一つしたのガルパン喫茶Panzer Vorまでは無料で行くことができます。

展望室からは大洗の街並みや、筑波山(上の写真の真ん中の山)を見渡すことができました。

天気によっては富士山も見えるようですが、今日は雲が多く見えませんでしたね。

海岸沿いの駐車場は車で埋め尽くされています。

会場も見下ろすことができました。

だいぶ人が落ち着いてるかな?

商店街歩行者天国では痛車がずらり

あんこう祭りの会場から少し北に行くと歩行者天国の商店街エリアがあります。

ここでは、いばらきフードフェスティバルやら、ガルパン関連グッズなどの販売をやってました。

道にはずらっと痛車が。

ネットで見たことありますが、訪れた人による手書きのイラストバスなんかがおいてました!

ちなみに、私はガルパンを見たことがありません・・・笑。

こういう祭り系は、お小遣い片手に食べ歩きが良さそうですね~。

ここらへんを散策した時点で午後の4時、日が傾いていましたが、せっかく大洗まで来たので周辺の観光スポットも行きます!

大洗公園駐車場にバイクを停め近場散策

とりあえず狙ってたスポットとしては、磯前神社と大洗岬周辺です!

駐車場の場所などを調べていなかったので、とりあえず道沿いに東のほうへ向かいます。

信号のある交差点にある大きな鳥居をくぐり更に進むと、駐車場っぽいところを発見!

大洗公園という無料駐車場です。

とりあえずここにバイクを置き周辺散策をすることに。

ポケモンGOのジムで話題になった(?)神磯鳥居

まずは海岸のほうへ行ってみると、何やら海上に鳥居があるじゃないですか!

写真を撮ってから改めて気づきましたが、これってちょっと前にポケモンGOのジムで話題になったとこですねたぶん!

岩場から流れ落ちる海水が溶岩のような感じで個人的には結構好きな絵面になりました。

磯浜灯柱も見えました

また、同じ場所からは灯台が見えました。

これが磯浜灯柱ですね。

奥の方に更に歩いていくこともできるようでしたので、時間がある方は散策してみるといいと思います。

大洗磯前神社へ

もうほぼ日が落ちてしまいましたが、歩いていける距離だったので磯前神社のほうにも行きました。

比較的規模の小さな神社でしたので、行って帰ってくるだけです笑。

写真は撮ってませんでしたが、絵馬にはガルパンのキャラクターが描かれたものがずらって感じでした。

潮騒の湯のライダープランがおすすめ

磯前神社を出るころにはもう完全に日は落ちてました。

近くの潮騒の湯という場所で、ツーリング中のライダー限定の食事つきプランがあったので、せっかくなので利用してみることにしました。

らいーだ限定プランは、入浴料込で、

カキ鍋定食:1700円
あんこう鍋定食:2200円

のお食事を食べることができます。

ちなみに、バイクで来たかどうかは服装で判断してるそうです笑

お風呂は・・・ガルパンのイベントということもあり男性風呂は激混み。やばかったです。

太古の化石海水を使ってるとのことですが、顔をばしゃっとして唇についた湯でほのかに塩の味がしました。

あんこう鍋は、味としてはまあまあって感じですね。

ですが、やはり骨の食感が独特なのと、後スープにあんこうの出汁がきいててこちらはおいしかったです!

味そもそもとしては・・・カキはやっぱりおいしいですね笑。

あとは、さすが海沿いの街ということで、刺身がいつもよりおいしかった気がしました!

11月半ばを過ぎると夜の高速はもう本当に寒い

帰りも高速道路をびゅーんです。

寒さは結構覚悟していたので、できるだけ厚着の用意をしていたのですが・・・

身体は大丈夫なのですが、手が鬼のように冷たかったです。

途中完全に感覚がありませんでしたね。指先が腐るとこでした笑

毎年毎年指先の寒さには悩まされていて、今年こそと考えてはいるのですが・・・・

考える指先の寒さ対策ですが、

・ハンドルカバー

・グリップヒーター

・電熱グローブ

・ナックルガード

らへんですかねー。

ハンドルカバーが正直安くて一番手軽といえば手軽ですね笑。

デザインはちょっとあれですがw

まとめ

今回は走り0の地方観光ツーリングという感じでした。

茨城の大洗といえば関東から北海道へフェリーで向かう出発口として有名です。

いつかは北海道に行ってみたいとは考えていたのですが、こういったタイミングで大洗に行けたのはそれはそれで良しという感じですね。

大洗周辺散策メインでしたので今回は走り0でしたが、大洗から南のほうへ太平洋沿いに鹿島や銚子のほうへ向かうツーリング、もしくは霞ヶ浦なんかと組み合わせたりなんかも可能だと思います!

それにしても、指先対策は本当に早く考えないとダメですね~笑

ツーリング先のホテルの予約には楽天トラベルがおすすめ!

宿泊ツーリングでのホテルの予約には楽天トラベルがおすすめで、私も毎回利用しています!

地域名でホテルの検索をかけることができる上に、次回予約時に使えるポイント還元などなど、定番ながらしっかりと使いどころを抑えているのがさすがですね。

キンドルアンリミテッドでバイクジンやライダースクラブ含めた様々なバイク・車雑誌が読み放題!

バイク乗りにも実はおすすめな「キンドルアンリミテッド」の紹介です。

ご存じのように書籍が定額で読み放題なサービスなのですが、そのラインナップの中には「バイクジン」や「ライダースクラブ」、「クラブハーレー」、「モトチャンプ」など、他にも車系雑誌が含まれています!

しかも、話題の漫画のはじめの数巻が読めたり、普通に男性・女性ファッション誌が読めたりなど、雑誌のラインナップは本当に豊富ではっきり言って月額980円は余裕で回収できます

本当におすすめなので気になったら無料体験をしてみてください!

ツーリングがもっと楽しくなるような情報も紹介しています!

以下のまとめページは、私がツーリングをしていく中で欲しいなと思ったバイクカスタムや、もっと快適にするようなバイク用品、そしてカメラ機材からその他のバイク情報を発信しています。

参考にしていただけると幸いです!そしてもっとバイクライフを楽しみましょう!

-関東

関連記事


気軽にコメントしてください!

雑談や書いてほしい記事の要望などなんでもOKです!
個別にやり取りが必要な場合、お問い合わせのページでご連絡ください。
コメントはこちらで確認後承認し反映されますので、表示までに少し時間をいただきます。

CAPTCHA


プロフィール画像
名:マサ
年:1992年生
住:東京
バイク:FZ1-S

ツーリングレポートやバイク関係のことを書いています!

特に好きなことは観光ツーリングで、バイクで日本全国を巡るのが目標。

詳しい自己紹介はこちら:自己紹介とバイク歴
ツイッターはこちら:@jiyu_touring
お問い合わせ:こちら