トライアンフ車のTPMS(タイヤ空気圧センサー)の電池交換

カスタムバイク日記
スポンサーリンク

トライアンフのタイガーエクスプローラーを購入したのですが、オプションでついていたTPMS(タイヤ空気圧センサー)の電池が怪しいとのことでしたので、電池交換の方法を調べてたのですが国内は全然情報が無いですね(汗)

一応海外情報があったのでそれを見つつ、あとは実物を見比べながら分解してみました。

ちなみに、取り外した車両は、トライアンフ・タイガーエクスプローラー2012年式です。最近のモデルだとまた若干変更が加えられているかもしれません。

スポンサーリンク

バッテリー交換にははんだ付けが必要。電池サイズはCR2032

バッテリー交換にはハンダ付が必要です。

ですから、ショップで普段タイヤ交換をしている場合は一度通常のバルブを取り付けてもらい、また次回タイヤ交換時に自分でバッテリー交換をしたTPMSを取り付ける形になると思います。

また、後でまた記述しますが、電池サイズはCR2032です。

とりあえず以下ざくっと写真を並べていきます。

まずは本体ですね。

バルブ部分を取り外します。六角レンチが必要です。

シールにはIDが記載されており、一応TPMSの設定に必要らしいのでメモっておくといいかもしれませんね。

前後異なるIDなので、再度取り付けるときにどちらがフロントでどちらがリアだったか忘れないようにしましょう。

シールを剥がすとトルクスボルトが出てきます。

また、1,2,3に爪があります。1と2の爪を先に外してください。3の爪は柔らかくすぐ折れるので取り扱い注意です。折りたたみではありません笑。

ちなみに、海外情報では蓋を回転させて外すものもあるようです(そちらは色が白っぽいカバーでした)。一応本体構造をよく見て分解してください。

爪を外すと蓋が外れます。中にも同じIDが記載されています。

青丸の部分にも爪があるので、再び組むときは電池が爪の下に来るようにはめてください。

表側。電池がはんだ付けされています。

また右側の丸は絶縁テープですね。

裏側。こちらもはんだ付けされています。

あとは頑張って電池交換しましょうとしか言いようがありません笑。

スポンサーリンク

一先ず普通のバルブを取り付けていますが、一般的なゴムのはサイズが対応しておらず金属バルブになった(お値段倍ぐらい)

で、電池交換できるかわからない間作業を中断してもらうわけにもいかないので、一先ず今回のタイヤ交換では通常のバルブを取り付けてもらいました。

が、一般的なゴムのバルブではサイズが合わないので金属バルブになりました。

お値段はゴムのやつの倍ぐらいになり、約千円です。ですが、一応ゴムみたいに劣化しないので長く使えるそうです

一応純正オプションなのでせっかくなら恩恵を受けたかったのですが、はんだ付けが地味にダルそうなので既にやる気を失っています。

次回タイヤ交換はまだ先だと思うのでそれまでに決めます。

スポンサーリンク

まとめ:もう少し簡単にできなかったのか?

そもそも電池なんて消耗品なので、設計の段階からもう少し簡単に電池交換できるようにしてほしかったです。

もしくは、電池が切れるころにはまた新車に乗り換えてくださいということなのだろうか。笑

ちなみに、取り外してる間エラーが出る可能性があるので、そちらはディーラーに持っていって直してもらいましょう。

OBD2とかいうのを使えば自分で設定できるらしいですが、また続報があれば追記しておきます。

スポンサーリンク

追記:やはりTPMSのエラーが出ました→とりあえずOBD2でいじってみます

TPMS取り外し後、やはりエラーが出ました。

調べてみるとOBD2というもので色々いじれるらしいので、後日それで色々試してみます。

スポンサーリンク

追記:OBD2を使いリセットできました

OBD2とアプリを使ってバイク(トライアンフ・タイガーエクスプローラー)の警告灯を消す方法
タイガーエクスプローラー(2012年式)に乗り換えたのですが、TPMSの電池切れで警告灯がつくようになったので、OBD2という規格を利用したアプリを使いリセットをかけてランプを消しました。 今回はトライアンフのタイガーエクスプローラー...

ツーリング先のホテルの予約には楽天トラベルがおすすめ!

宿泊ツーリングでのホテルの予約には楽天トラベルがおすすめで、私も毎回利用しています!

地域名でホテルの検索をかけることができる上に、次回予約時に使えるポイント還元などなど、定番ながらしっかりと使いどころを抑えているのがさすがですね。

キンドルアンリミテッドでバイクジンやライダースクラブ含めた様々なバイク・車雑誌が読み放題!

バイク乗りにも実はおすすめな「キンドルアンリミテッド」の紹介です。

ご存じのように書籍が定額で読み放題なサービスなのですが、そのラインナップの中には「バイクジン」や「ライダースクラブ」、「クラブハーレー」、「モトチャンプ」など、他にも車系雑誌が含まれています!

しかも、話題の漫画のはじめの数巻が読めたり、普通に男性・女性ファッション誌が読めたりなど、雑誌のラインナップは本当に豊富ではっきり言って月額980円は余裕で回収できます

本当におすすめなので気になったら無料体験をしてみてください!

スポンサーリンク
マサをフォローする
自由気ままに。

コメント

  1. 堺谷誠 より:

    はじめまして。私も同じ年式のタイガーエクスプローラーですが先日から警告灯とタイヤマーク点滅が始まりました。情報が少ないので助かります。部品新品では5万円以上するらしく脱着の費用や手間を考えると作動をキャンセルしようかとも思っています。設定でオンオフするにはどうしたら良いか、ディーラー行かなくてはならないのか模索中です。今後の更新楽しみにしています。

    • マサマサ より:

      私は今回初の外車だったのですが情報が少なくて大変ですよね笑。
      私も電池交換が地味にめんどくさいのでもうキャンセルしてしまおうと考えていますね。電池交換したところでどのみち次のタイヤ交換まで取り付けはできないので。
      軽く調べた感じでは、OBD2という規格のデバイスを接続し、ブルートゥースでスマホとつなぎアプリで色々設定をいじれるようです。
      デバイス自体はアマゾンで中華製のものが1500円ぐらいで売っており、そちらでもいけるようなので一度自分で試してみる予定です。
      また、トライアンフ車の定期メンテナンスの通知アイコンについてもこのOBD2を使えば表示を消せるようなので、そちらが出たときにもどのみち必要になりそうです。
      また進展があればこちらのコメントの返事にてお知らせするのでサイドバーのコメントの通知をたまに覗いてみてください。

タイトルとURLをコピーしました