千葉・屏風ヶ浦、茨城の風力発電波崎ウィンドファームツーリング

ツーリングレポート

ぶらっと近場ツーリングということで、茨城県にある風力発電所、波崎ウィンドファームとウィンドパワー神栖、そして千葉県の銚子市にある屏風ヶ浦に行ってきました!

当初はウィンドファームを起点に房総半島を弾丸一周ツーリング(450km)しようと思ったのですが、出発が遅すぎたため2か所しか回れませんでした・・・笑。

今回は高速メインの近場ツーリングです

今回は思いつきで、とりあえず茨城の風力発電所見れればよかったので走りは一切無しのフォトツーリング的な感じです。

元々は弾丸で房総半島一周(450km)したいな~とか考えましたが、よくよく考えたら無茶でしたね笑。

そもそも家でたのが10時ぐらいだったので、時間的にも無理ですw

茨城の風力発電で写真撮れたらよかったのですが、あわよくば南のほうへ走りたいなーって感じで、結局屏風ヶ浦と刑部岬寄ったとこで日が落ちてフィニッシュという形でした。

茨城の風車・風力発電、波崎ウィンドファーム

京葉道、東関東道をひたすら高速で進み、終点の潮来(いたこ)で高速を降ります。

その後下道でグーグル任せで太平洋のほうへ向かいます。

県道50道を進むのですが、田舎なんですが都会のような綺麗に整備された片側三車線の道路は、大阪の新御堂をちょっと思い出しました笑

海沿いの風力発電は大きくわけて南北に二つあり、片方が波崎ウィンドファーム、もう一つはウィンドパワー神栖という感じです。

バイクと撮るなら北側のウィンドパワー神栖がおすすめ

場所としては、ウィンドパワー神栖第二洋上風力発電所というとこですね!

同じ場所に神栖市1000人画廊というものもあり、海沿いの防波堤に沿ってずらーっと絵が描かれています。

防波堤の上に登った景色はこんな感じ。

ちなみにこの逆側にもずらーっと風力発電が立ち並んでるので、そちらをバックに撮影しても良い絵になると思います。

天気が曇りで影になってるのが非常に残念ですねー。

波崎ウィンドファームは柳川海岸からがおすすめ?

もう一つはウィンドファームです。

厳密には上の写真はウィンドファームと少し場所がずれているので違う場所かもしれないですが・・・

ウィンドファームの少し北側に柳川海岸という場所があり、そこで撮影しました。

柳川海岸からが風力発電を見渡せておすすめ

柳川海岸は道沿いのこのような場所ここから入ることができます。

他にも入れる場所は何か所かありました。

一応車両が入れないようにポールが立ててあるのですが・・・海岸はわだちがたくさんあり、確実にたくさんの人が勝手に入ってますね・・・笑。

上記画像のように、ブロックで積まれてる部分をどかして入れているようです。

バイクで海岸に乗り入れることもできたでしょうが、おそらく沈んで大変なことになりそうだったのでやめておきました(そもそも入ってはいけない・・・笑)。

セローとかなら入ったら面白そうな場所でしたよー。

隣の道路沿いからはこんな感じです。

ウィンドファーム自体はもう少し南側なのですが、天気が優れなかったので今回は特に写真撮影をしていません。

飛ばしすぎはあぶねぇよ。

海沿いに銚子市へ、利根かもめ大橋は有料道路です

海沿いに南下して、ほぼ犬吠埼付近を経由して屏風ヶ浦に向かいます。

付近で茨城県側から利根川を渡ることのできる橋は二つありますが、片方は有料なので注意です。

今回は海沿いに走る予定だったので、より海側の銚子大橋を通って千葉に行きました。

途中の交差点・・・

信号が点灯してなかったのだがこれはいいのか・・・笑。

銚子ドーバーラインから覗く海から屏風ヶ浦へ!

そして南下し銚子ドーバーラインに出ます。

ドーバーライン沿いを走っていると上の写真のような景色を見ることができます。

海を垣間見ることができるのはここだけなので一発でわかると思います。

前からここが気になってたので、行ってみることに。

ちなみに、路肩にはほぼスペースが無い上に交通量も多いので、こことは離れたところにバイクを置いて徒歩でここにきました。

ずっと直線なので結構距離が合って大変でしたorz

屏風ヶ浦こそ千葉の絶景!?

下ってくと・・・なんとめちゃくちゃ絶景があるじゃないですか!!!

そして写真もめちゃくちゃいい感じに撮影することができています。

屏風ヶ浦は、ごらんのとおり断崖絶壁が海岸沿いにひたすら続くスポットとなっています。

奥に小さく見えるのは、このあと行った飯岡灯台だと思います。

あまりにもいい感じに写真が撮れたので、これぞ千葉の絶景!?と思いました笑。

反対側はこんな感じです。

銚子市の先端らへんまで見渡すことができます。

グーグルマップのレビューでは、飯岡漁港のほうから歩いていける道があるとも書いていましたね(ただし波が高く立ち入り禁止?)。

写真撮影をしていたら、カブに乗ったおじさんが登場しました(笑)。

ガードレールで確か降りられないようになっていたはずだが・・・と思って帰るとき見たら、ガードレールの橋が微妙に隙間がありました笑。

まあでも普通のバイクならたぶん通るのは無理ですね。

セロー(また登場)とかカブとかなら降りられそうでした。

ま、降りたところで道路も無いのでどうしようもないのですが。

銚子マリーナ川から遊歩道で歩けるようです

銚子マリーナ付近には、屏風ヶ浦遊歩道と書かれたスポットがあります。

ここからも歩いていけるっぽいですね。

どうやら写真の消波ブロックに沿った道のようなものが遊歩道のようです。

途中崩落してる箇所があったりで、通れなくなってたりという情報もありました。

海の上に風力発電を発見

屏風ヶ浦から海を見ると、海上にポツンと一つ風力発電がありました

ここらへんは本当に風力発電が多いですねー。

飯岡刑部岬(ぎょうぶみさき)で夕日を見てフィニッシュ

だいぶ日が傾いてきたので、屏風ヶ浦を後にし飯岡市方面へ向かいます。

と言っても飯岡市は東京方面なので帰り道になります。

飯岡刑部岬には無料の展望台があり、九十九里方面を一望することができます。

ちょうど時間帯が日の入りだったので、太陽が眩しいですね。

天気が曇りだったわけですが、雲の隙間から照らす光で海が金塊のように輝いていて驚きました。

飯岡灯台を背景に撮影です。

夜には九十九里と市街地の夜景を楽しむことができるそうです。

この日見た太陽は人生で見た中で一番赤かったような気がします笑。

夕日ってよくよく考えたらあまりちゃんと見たことなかったですねー、って感じでした。

帰りは成田まで東総広域農道経由で行き、そこから高速で帰りました。

まとめ

茨城のウィンドファームも銚子付近も東京からはほとんど距離が無いため、朝ゆっくり、そして帰りは早めのぶらっとツーリングに適していると思います。

あまり走るところはないので、高速で行って高速で帰るような感じですね。

東京から走れる場所に行くにはやはりちょっと気合を入れないといけないので、こういうツーリングが「東京風バイクの楽しみ方」なのかもしれません!

ツーリング先のホテルの予約には楽天トラベルがおすすめ!

宿泊ツーリングでのホテルの予約には楽天トラベルがおすすめで、私も毎回利用しています!

地域名でホテルの検索をかけることができる上に、次回予約時に使えるポイント還元などなど、定番ながらしっかりと使いどころを抑えているのがさすがですね。

キンドルアンリミテッドでバイクジンやライダースクラブ含めた様々なバイク・車雑誌が読み放題!

バイク乗りにも実はおすすめな「キンドルアンリミテッド」の紹介です。

ご存じのように書籍が定額で読み放題なサービスなのですが、そのラインナップの中には「バイクジン」や「ライダースクラブ」、「クラブハーレー」、「モトチャンプ」など、他にも車系雑誌が含まれています!

しかも、話題の漫画のはじめの数巻が読めたり、普通に男性・女性ファッション誌が読めたりなど、雑誌のラインナップは本当に豊富ではっきり言って月額980円は余裕で回収できます

本当におすすめなので気になったら無料体験をしてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました