整備

バイクのチェーンの錆を落とす方法とその後のメンテナンス

投稿日:2018年3月13日 更新日:

さて今回はチェーンの錆についてのあれこれについてまとめておきます。

上の画像は雨、そしてフラットダートをこれでもかと走行したあとに洗車もせずしばらく放置したバイクのチェーンの末路です・・・笑

ここまで錆させるのもなかなかの猛者だと思いますが、バイク初心者でチェーンメンテの知識が無い場合、気が付いたらこんなことになってることもありますね笑。

この記事を読めばチェーンの錆なんぞ恐れるに足らず!なので是非知識として入れといてください。

チェーンの錆を2か所にわけて対処する

チェーンの錆の部分は大きく以下のように二つにわけることができます

1.チェーンの側面部分

2.チェーンのローラー部分

それぞれに適した対処法があるのでそれぞれについて以下解説していきます。

チェーンの側面部分はワイヤーブラシ(真鍮、ステンレス)で落とす

チェーンの側面部分の錆は、真鍮やステンレスのワイヤーブラシで落としてやればOKです。

まずはチェーン本体を傷つけないよう柔らかい真鍮ブラシで、それで落ちない場合はステンレスブラシを使ってください。

ただしステンレスは真鍮に比べて硬いので、あまり力強くこすると傷がつく可能性があるので程々に。

真鍮は柔らかい金属なので錆落としなどでよく使われますね。

尚、側面部分は錆があっても走行性能には影響は与えません。

ナイロンブラシ、真鍮ブラシ、ステンブラシはバイクの整備でよく使うので、セットを一つ持っていてもいいでしょう。

ローラー部分の錆は、パーツクリーナーとウェス・ナイロンブラシを使い、落とせなかったものについてはそのままでOK

次に、ローラー部分の錆です。ちょうど上の写真みたいな感じです。

このローラー部分については、ワイヤーブラシで錆を落とそうとしてはけません。

チェーンのジョイント部分には、ゴム製のシーリングがされており、ステンレスブラシでこすった場合シールが傷ついてしまう可能性があるからです。

ローラー部分の錆については、パーツクリーナー(シールチェーン対応)を吹きかけ、ウェスやナイロンブラシでゴシゴシして落とします

完全に落ちない場合もあると思いますが、このローラー部分の錆は走行すればスプロケットとこすれ摩擦で落ちていくため、無理に全部落とす必要はありません

チェーンの錆落とし方法のまとめ

というわけで、まとめは以下のようになります。

1.チェーンの側面の錆は真鍮ブラシ、ステンレスブラシの順で落とす

2.ローラー部分の錆は、まずはパーツクリーナ(シールチェーン対応)を吹きかけ、ウェスでゴシゴシやナイロンブラシで清掃で落とせるまで落とす

3.ローラー部分の残った錆は、注油後に走行すればスプロケットとの摩擦で自然と落ちていきます。

そんなに難しくないですね。

チェーンが錆びないようにするための対策

さて、そもそもチェーンが錆びないようにするための対策としては以下が大事です。

とにかくチェーンは錆びやすいため、雨などには要注意です。

1.バイク保管時は、雨ざらしにしないようにする(屋根がない場合は必ずバイクカバーをつける)

2.定期的なチェーンメンテ(ざっくり1,000km毎でOK)

3.雨の日やオフロードを走行した後にはチェーンメンテ

雨の日に走行し、泥水なんかがついたまま放置しておけば、一発で錆びます

※ここでいうチェーンメンテは清掃・注油です

【余談】センタースタンドの無いバイクでチェーン清掃するときに便利なグッズ

ちょっと話はそれますが、センタースタンドの無いバイクでチェーン清掃するときに、チェーンの位置を変えるのに押し引きがいちいちめんどくさいといった経験があるかと思います。

そんな時に使えるアイテムを三つ紹介してるので、以下の記事も合わせてどうぞ!

まとめ:これまでメンテをしてなかった人は是非メンテ習慣をつけよう

チェーンの清掃・注油はバイクに乗るうえでの日常点検に入るので、これまでしてこなかった人はこれを機に是非メンテ習慣をつけましょう。

チェーンの整備前と整備後では普通に走るだけでも違いが体感できるので、普段からチェーンメンテをしっかりしていれば、そろそろメンテが必要かなとわかってくるようになります(例えば、バイクの押し引きでもスムーズさが全然違います)。

ちなみに、それでもチェーンメンテがめんどくさい!って人はドライブシャフトのバイクを探してみるのもいいかもしれません。

ツーリング先のホテルの予約には楽天トラベルがおすすめ!

宿泊ツーリングでのホテルの予約には楽天トラベルがおすすめで、私も毎回利用しています!

地域名でホテルの検索をかけることができる上に、次回予約時に使えるポイント還元などなど、定番ながらしっかりと使いどころを抑えているのがさすがですね。

キンドルアンリミテッドでバイクジンやライダースクラブ含めた様々なバイク・車雑誌が読み放題!

バイク乗りにも実はおすすめな「キンドルアンリミテッド」の紹介です。

ご存じのように書籍が定額で読み放題なサービスなのですが、そのラインナップの中には「バイクジン」や「ライダースクラブ」、「クラブハーレー」、「モトチャンプ」など、他にも車系雑誌が含まれています!

しかも、話題の漫画のはじめの数巻が読めたり、普通に男性・女性ファッション誌が読めたりなど、雑誌のラインナップは本当に豊富ではっきり言って月額980円は余裕で回収できます

本当におすすめなので気になったら無料体験をしてみてください!

ツーリングがもっと楽しくなるような情報も紹介しています!

以下のまとめページは、私がツーリングをしていく中で欲しいなと思ったバイクカスタムや、もっと快適にするようなバイク用品、そしてカメラ機材からその他のバイク情報を発信しています。

参考にしていただけると幸いです!そしてもっとバイクライフを楽しみましょう!

-整備

関連記事


  1. じゃず より:

    サイドスタンドのないバイク→センタースタンドのないバイクではないかと…(笑)

気軽にコメントしてください!

雑談や書いてほしい記事の要望などなんでもOKです!
個別にやり取りが必要な場合、お問い合わせのページでご連絡ください。
コメントはこちらで確認後承認し反映されますので、表示までに少し時間をいただきます。

CAPTCHA


プロフィール画像
名:マサ
年:1992年生
住:東京
バイク:FZ1-S

ツーリングレポートやバイク関係のことを書いています!

特に好きなことは観光ツーリングで、バイクで日本全国を巡るのが目標。

詳しい自己紹介はこちら:自己紹介とバイク歴
ツイッターはこちら:@jiyu_touring
お問い合わせ:こちら