バイク整備でおすすめなツールボックス(工具箱)・ワゴン・キャビネット

整備

さて今回はおすすめの工具箱と、それに関連してワゴン・キャビネットの紹介もしたいと思います

自分で整備するようになると細かい工具が増えてきて整理が結構大変になるので、まとまったサイズのものが一つあればなにかと便利です。

細かい工具が増えてくると整理用の工具箱があると便利です!

というわけで今回はおすすめの工具箱とワゴン・キャビネットの紹介ですね。

おすすめと言いつつ私自身あらゆる工具箱を比較したわけではないので、ここらへん押さえておけば選ぶときに迷わないかなというものをいくつかピックアップしていく形にします!

今回は工具箱単体で紹介しますが、中には工具箱と工具類がセットのものあるので、もしこれから工具も一緒に揃えていく予定であれば、そういったもので探すのもあるかと思います!

工具箱と言えばまずは定番のタイプ:色々あるが金属製で2段のタイプがおすすめ!

このサイズは結構小さかったかなと思います

まずは普通の工具箱から。いろんな形状のものが取り扱われています。

大きく分けて、材質(プラスチック製・樹脂製・金属製)と収納力(片開きや両開きなど、1段や2段など)あたりの差があります。

材質についてはプラスチック製のものは長期に渡る屋外保管だと紫外線などで劣化してボロボロになることもあるので、樹脂製のものや金属製のものがおすすめです。

あとは、大は小を兼ねるということで、サイズは大きめにしておくのが吉です。

写真右のサイズだと結構小さかったです^^;笑。

こういう2段タイプがおすすめ!

例に挙げるとするならば、このように2段になっているものはおすすめですかね!

2段のものでも、2段目が細かく区切られているものもありますが、写真のように区切りがなく横長で使えるのが収納力が高く使い勝手は良い感じです。

ちょっとわかり辛く錆で汚いですが笑、左側真ん中の青いやつです

あと、賃貸物件とかで整備場所(というか駐輪場)まで距離がある場合、いちいち全部の工具を持ち歩くことはほとんどありません。重くてめんどくさいので笑

そういうときはオイルパンなんかにその日に必要な工具を入れて持ち運んだりするので、結局工具箱はほとんど持ち運ばない前提になりますかね

自宅などでスペースがあるなら引き出しタイプ(ツールチェスト)もおすすめ

一軒家などである程度スペースがあるのであれば、引き出しタイプのツールチェストもおすすめですね。

写真はKTCの3段ツールチェストですが、他にも4段のものや2段のものもあるのでお好みでいいでしょう。

当たり前ですが、段数は多いほうが工具の整理はしやすいです。

ツールチェストで調べれば比較的安価なブランドのツールチェストもあるので、予算と相談して選べばいいと思います。

基本的にはただの金属製の棚なので、安価なブランドだといってそこまで品質に差は無いと思います笑

ものによってはツールチェストとセットの工具セットもあるので、まだ工具を揃えてない方はそういったものを探すのも一つの手だと思います。

ガレージがあるならやはり憧れのワゴンタイプ!安価ブランドなら1万円前後のものも!

最後はガレージなどのまとまった整備スペースがある人向けで、ワゴンとキャビネットです。

なんとも説明がしづらいのですが・・・笑、とにかくガレージにこれがあったら一気に雰囲気が出ますし、使い勝手もやはり良いですね!

ガレージとワゴン・キャビネットのセットは男の憧れ的な部分はあります。

整備用の固定スペースがあるのであれば、工具箱とかよりかはこういうものを一つ持っておいたほうが整理しやすいかもしれませんね。

一流メーカーのものだとやはりお高くなってますが、安価なブランドだと1万円前後であったりするのでそういうので探すと結構お買い求めしやすいかと!

まとめ:自分の環境に合わせて気になったものを選んでください!

というわけで、3つほどおすすめの工具箱・ワゴン・キャビネットを紹介しました。

環境によってどれが最適かは変わってくると思うので、自分の環境を踏まえて気になったものを選んでください

一つ言えるのは、基本は大は小を兼ねるので大きめのサイズを買っておくと間違いないです。

ではでは。

ツーリング先のホテルの予約には楽天トラベルがおすすめ!

宿泊ツーリングでのホテルの予約には楽天トラベルがおすすめで、私も毎回利用しています!

地域名でホテルの検索をかけることができる上に、次回予約時に使えるポイント還元などなど、定番ながらしっかりと使いどころを抑えているのがさすがですね。

キンドルアンリミテッドでバイクジンやライダースクラブ含めた様々なバイク・車雑誌が読み放題!

バイク乗りにも実はおすすめな「キンドルアンリミテッド」の紹介です。

ご存じのように書籍が定額で読み放題なサービスなのですが、そのラインナップの中には「バイクジン」や「ライダースクラブ」、「クラブハーレー」、「モトチャンプ」など、他にも車系雑誌が含まれています!

しかも、話題の漫画のはじめの数巻が読めたり、普通に男性・女性ファッション誌が読めたりなど、雑誌のラインナップは本当に豊富ではっきり言って月額980円は余裕で回収できます

本当におすすめなので気になったら無料体験をしてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました