コラム

坂道でバイクを安全に駐車する方法

投稿日:

今回は坂道でバイクを駐車するときに気を付けるポイントなどを書いていきます。

ツーリング先での駐車場や道端で傾斜がついていることは結構あります。

そういったときにバイクを倒さないコツですね。

バイクが坂を下らないようにギアを1速に入れる

まずはバイクが坂を下っていかない方法、エンジンを切った後にギアを1速に入れておくことです。

ギアを1速にいれておけば、坂道でもエンジン側でブレーキがかかるので、バイクが坂道を下っていくことを防ぐことができます

駐車位置を変えたいときは、押し引きするときだけクラッチを握れば1速に入れた状態でもとり回しが可能です。

ちなみにこのギアを一速に入れたままの取り回しは、オフロード車で坂道のダートをエンジン停止しながら下っていくときにも使われたりします。

傾斜側が行き止まりのときは後ろから停める

傾斜側が行き止まり場合は、バイクの後ろ側から駐車しましょう

前面駐車してしまうと、バイクを出すときに傾斜を後ろ向きに引きながら進まないといけませんからね。

お尻から駐車してあげれば、出るときはエンジンをかけて出ることができます。

ゴールドウィングなど一部の車種では電動バック機能がついてたりしますが笑。

谷側にスタンドを立てる

傾斜に対して横にバイクを停めなければならない場合は、サイドスタンドを谷側になるようなバイクの向きにしてください(たまにこういう駐車場もあります)。

山側にサイドスタンドを立てた場合、傾斜の角度によってはバイクがサイドスタンド側に傾かずそのまま反対側へバタンとバイクが倒れる場合があります。

もしくは、砂利のような場所であれば、サイドスタンドの部分だけ砂利をどかし地面を低くし、山側へサイドスタンドを下ろすことも可能です。

基本的には谷側へサイドスタンドが適切ですが、臨機応変に対応してください

フロントブレーキロックを使ってブレーキをかけておくのも一つの手

バイクが坂道を下っていかないようにする方法としてははじめに書いた通りギアを1速に入れるのが普通ですが、フロントブレーキロックのような用品を使ってバイクにブレーキをかけておくことも可能です。

このフロントブレーキロックは、メンテナンススタンドをかけるときなどにフロントタイヤが動かないよう補助する目的で使われることもあります。

まとめ:坂道でのバイクの駐車に慣れておくように!

というわけで、坂道に駐車するときのケースごとの対応方法について書きました。

知っていればなんてことのない知識ですが、知らないとあたふたしてしまう可能性もあります。

坂道の傾斜方向に前面駐車してしまったときは、バイクを引き出すのにかなり苦労した経験があるので、皆さんはそうならないように注意してください笑。

ツーリング先のホテルの予約には楽天トラベルがおすすめ!

宿泊ツーリングでのホテルの予約には楽天トラベルがおすすめで、私も毎回利用しています!

地域名でホテルの検索をかけることができる上に、次回予約時に使えるポイント還元などなど、定番ながらしっかりと使いどころを抑えているのがさすがですね。

キンドルアンリミテッドでバイクジンやライダースクラブ含めた様々なバイク・車雑誌が読み放題!

バイク乗りにも実はおすすめな「キンドルアンリミテッド」の紹介です。

ご存じのように書籍が定額で読み放題なサービスなのですが、そのラインナップの中には「バイクジン」や「ライダースクラブ」、「クラブハーレー」、「モトチャンプ」など、他にも車系雑誌が含まれています!

しかも、話題の漫画のはじめの数巻が読めたり、普通に男性・女性ファッション誌が読めたりなど、雑誌のラインナップは本当に豊富ではっきり言って月額980円は余裕で回収できます

本当におすすめなので気になったら無料体験をしてみてください!

ツーリングがもっと楽しくなるような情報も紹介しています!

以下のまとめページは、私がツーリングをしていく中で欲しいなと思ったバイクカスタムや、もっと快適にするようなバイク用品、そしてカメラ機材からその他のバイク情報を発信しています。

参考にしていただけると幸いです!そしてもっとバイクライフを楽しみましょう!

-コラム

関連記事


気軽にコメントしてください!

雑談や書いてほしい記事の要望などなんでもOKです!
個別にやり取りが必要な場合、お問い合わせのページでご連絡ください。
コメントはこちらで確認後承認し反映されますので、表示までに少し時間をいただきます。

CAPTCHA


プロフィール画像
名:マサ
年:1992年生
住:東京
バイク:FZ1-S

ツーリングレポートやバイク関係のことを書いています!

特に好きなことは観光ツーリングで、バイクで日本全国を巡るのが目標。

詳しい自己紹介はこちら:自己紹介とバイク歴
ツイッターはこちら:@jiyu_touring
お問い合わせ:こちら