自由気ままに。

人生はもっと自由で気ままだと声を大にして言いたいライダーの備忘録。主にツーリング系の記事がメインとなります。

積載方法・荷物系

バイクのタンデム・二人乗りでも使えるシートバッグ

投稿日:2018年5月3日 更新日:

スポーツバイクに乗っていると、タンデム(2人乗り)で気軽に出かけたいけど荷物どうしよう・・・ということが起こる場合があるかと思います。

今回はそんなときに使える便利なタンデム可能なシートバッグを紹介していきます!

タンデムツーリングで使えるシートバッグは、シートバッグを起こすことで二人乗りができ、且つ一人でも使える2WAYシートバッグ

タンデムに使えるシートバッグは、車体にポン付けできる手軽さに加えて、尚且つ二人乗りもできるというまさに機能性を具現化したようなスーパーバイク用品です。

タンデムするときはシートバッグを上に起こす感じで、タンデムしないときは普通のシートバッグとしても使えるので、タンデム用を買っておけばソロでもシートバッグには困らないという優れものになります。

現状選択肢としては、ゴールドウインとホンダの2つだけになりますが、容量が良い感じに住み分けできてるので、用途に合わせてどちらか片方を選べば間違いないでしょう。

ゴールドウイン タンデムシートバッグ22:日帰りツーリングにおすすめ

まずは、普通のソロ用のシートバッグでもお馴染みのゴールドウイン タンデムシートバッグ22です。

容量は22Lぐらいで、日帰りツーリングなら十分な容量になりますね。

未使用時は普通のシートバッグとしても使いやすいサイズなので、二人乗りする予定があって現在シートバッグを持っていないという場合にはなかなか良い選択肢になりそうですね!

メーカー:ゴールドウイン
モデル:タンデムシートバッグ22
価格:15,500円
容量:19~22L
サイズ:奥34cm x 幅24cm x 高23~30cm

【現在は廃番のようです】ホンダ NEWタンデムドラムバッグ:宿泊ツーリングにおすすめ

お次はホンダのNEWタンデムドラムバッグです。

容量が40Lと、ゴールドウインのモノと比較して倍ぐらいになっており、タンデムで宿泊ツーリングをする場合にはかなり使い勝手の良い容量になるでしょう。

座面の部分にはお尻が前に滑らないように前の部分が少し盛り上がるような形状になっており、タンデマーの安定性に貢献してくれます。

センター部分の横幅は50cm程なので、サイズさえ合えばキャンプ用品を入れてキャンプツーリングも可能です!

メーカー:ホンダ
モデル:NEWタンデムドラムバッグ
価格:21,200円
容量:40L
サイズ:幅65cm x 高26cm x 奥30cm

サイドバッグでもタンデムは可能!

他にも、サイドバッグでもタンデムは対応可能になります。

ただし、サイドバッグでもリアシートの上に固定ベルトのバックルが来るものがあり、その場合はタンデム不可となるのに注意しましょう。

お尻の下にバックルなんかあったら痛いですからね笑。

普通にマジックテープのついたカバーのような素材でリアシートを覆うだけならタンデムは問題ありません。

10L~の中容量タンクバッグもおすすめ!

また、今回のシートバッグと合わせておすすめしたいのがタンクバッグですね。

タンクバッグと言えば、まず思い浮かぶのはあの平べったい四角い弁当箱のようなものだと思いますが、タンクバッグも意外と容量の選択肢が豊富で10~15Lぐらいのものから、20L前後の大容量のものも存在します。

こちらも車体にポン付けで非常に使い勝手が良いので、今回のシートバッグと合わせてタンクバッグも使えば容量的には十分なものになるでしょう!

タンクバッグは普段のソロツーリングで小物の出し入れで非常に便利なので、是非こちらもチェックしてみてください。

まとめ

というわけで、タンデムでも使えるシートバッグの紹介でした。

その気になればサイドバッグやらトップケース、パニアケースやらいろいろ方法はあるのですが、やはりポン付けしてすぐに使えるようになる手軽さはシートバッグが一番ですね!

思いついたらすぐに出かけることができるバイクの醍醐味を最大限発揮してくれるようなバイク用品でした。

ツーリング先のホテルの予約には楽天トラベルがおすすめ!

宿泊ツーリングでのホテルの予約には楽天トラベルがおすすめで、私も毎回利用しています!

地域名でホテルの検索をかけることができる上に、次回予約時に使えるポイント還元などなど、定番ながらしっかりと使いどころを抑えているのがさすがですね。

キンドルアンリミテッドでバイクジンやライダースクラブ含めた様々なバイク・車雑誌が読み放題!

バイク乗りにも実はおすすめな「キンドルアンリミテッド」の紹介です。

ご存じのように書籍が定額で読み放題なサービスなのですが、そのラインナップの中には「バイクジン」や「ライダースクラブ」、「クラブハーレー」、「モトチャンプ」など、他にも車系雑誌が含まれています!

しかも、話題の漫画のはじめの数巻が読めたり、普通に男性・女性ファッション誌が読めたりなど、雑誌のラインナップは本当に豊富ではっきり言って月額980円は余裕で回収できます

本当におすすめなので気になったら無料体験をしてみてください!

ツーリングがもっと楽しくなるような情報も紹介しています!

以下のまとめページは、私がツーリングをしていく中で欲しいなと思ったバイクカスタムや、もっと快適にするようなバイク用品、そしてカメラ機材からその他のバイク情報を発信しています。

参考にしていただけると幸いです!そしてもっとバイクライフを楽しみましょう!

-積載方法・荷物系

関連記事


気軽にコメントしてください!

雑談や書いてほしい記事の要望などなんでもOKです!
個別にやり取りが必要な場合、お問い合わせのページでご連絡ください。
コメントはこちらで確認後承認し反映されますので、表示までに少し時間をいただきます。

CAPTCHA


プロフィール画像
名:マサ
年:1992年生
住:東京
バイク:FZ1-S

ツーリングレポートやバイク関係のことを書いています!

特に好きなことは観光ツーリングで、バイクで日本全国を巡るのが目標。

詳しい自己紹介はこちら:自己紹介とバイク歴
ツイッターはこちら:@jiyu_touring
お問い合わせ:こちら