腕相撲ってどの筋肉が重要なの?筋トレ100日目

スポンサーリンク

先週の水曜日についに筋トレ開始から100日が経過しました
100日が経過しましたが、ジムは多くて週2、3ぐらいなので、まだ30回ぐらいですね笑

次からジム何回目って書こうかな?
まあいいや

スポンサーリンク

今回したメニューと体重

体重66.5㎏

懸垂
5回
4回
4回
4回

チェストプレス
60kgx4回
55kgx4回
45kgx7回

レッグプレス
127kgx9回(片足)
167kgx7回
202kgx7回

オーバーヘッドプレス
33kgx5回
33kgx4回
27kgx5回

ローワーバック
57kgx10回
64kgx10回
71kgx10回
77kgx10回

ディップス
9回
9回
4回

ダンベルカール
12kg

ダンベルシュラッグ
16kg

腹筋無し

こんな感じです

スポンサーリンク

感想

今回は懸垂を入れてみました、が思うように回数がこなせない上に筋肉痛も全然なってなかったのでやっぱラットプルダウンのほうがいいですね
それか、ラットプルダウン→懸垂の流れのほうがいいか
チェストプレス→ディップスって流れだしそれに合わせるかあ

オーバーヘッドプレスが相変わらずダメダメですね

ダンベルを有効に使ってやっぱり各部位を追い込んだほうが良い気がした

体重は66㎏です
 今年中に70㎏は無理だな

スポンサーリンク

腕相撲に必要な筋肉って?

少し報告ですが、
サークルに元運動部のやつがいて、以前腕相撲したときに瞬殺されて悔しい思いをしてたんですね
で、最近ふと思ったことが、腕相撲で使う筋肉は割と大胸筋が重要なのでは?と思い昨日再戦してみたら、
なんと見事俺が勝つことができました!
これは非常に嬉しいことであります

後重要な筋肉といえば、
前腕屈筋群
・三角筋
ですかね
特に前腕の筋肉は手首に関わってくるので非常に重要です
今はリストカール全然してないので少しずつメニューに入れていきたいところです。

とりあえずどんなに忙しくても週一で行くことにしよう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました