やはり背中のトレにラットプルダウンは必須か・・・

久々に地元のトレーニングルームに行ってきました。

スポンサーリンク

本日のメニューはマシン中心です

地元のトレーニングルームはフリーウェイトが充実していないので、マシン中心です。いつもみたいに重量は記録していません。

大胸筋

– チェストプレスマシン
– インクラインダンベルカール
– ディップス

背中

– ラットプルダウン
– ローワーバックマシン

– オーバーヘッドプレスマシン

下半身

– レッグプレスマシン
– レッグカール
– レッグエクステンション

– ダンベルカール

スポンサーリンク

チェストプレスがめちゃくちゃ重く感じた・・・

東京でベンチプレスをやりこんでいるので、チェストプレスで80kgあげてやろうって意気込んだ結果、全然あげれませんでした・・・

チェストプレスマシンにも種類があって、押すにつれて手幅が狭くなってくるようなやつだと、かなりきついですね。あと、背中のバックシートが低すぎてしっかり肩甲骨付近をのせることができなかったのがだるかった。なかめちゃくちゃ肩も痛かったし散々でした(泣)

その後の自重ディップスですが、結構回数できていい感じでした!

スポンサーリンク

背中はラットプルダウンが絶対必須ですね。

長らくしていませんでしたが、久々のラットプルダウンです。今書いてますが既に筋肉痛がきています笑

筋肉痛が来ている部位はというと、たぶんですが僧帽筋下部ですね。ラットプルダウンは肩甲骨の下方回旋の動作が入っているので刺激が入っているのだと思います。フリーウェイトだと肩甲骨の下方回旋ができる種目は無いので、やはりラットプルダウンは必須種目だと痛感しました。あと大円筋とかですかね。

自宅でやる場合、チンニングスタンドを購入して、1種目目に自重チンニングを限界回数でやるのが一番いいのでしょうおそらく。ラットプルダウン自宅でやろうとしたら場所とお金かかりそうなイメージあるからなー。まあいつかは自室でできるようにしようと思ってますが。

そのあとローワーバックというマシンをしました。一番下が90㎏ぐらいとかだったのですが、デッドリフトを既に開始している俺には余裕すぎました笑

スポンサーリンク

だいたいそんな感じの日でした

だいたいそんな感じの日でした。久々の実家ですが、まあ成長したようなしてないような・・・?って感じのトレーニングになりました。チェストプレスが一番だるかったですね。地元のジムにはバックシートの高さが2種類のチェストプレスがあるので、次回以降は高いほうのやつを使います。

特に書くこともないのでこれまで!

コメント

タイトルとURLをコピーしました