キャンプ関連

DOD ライダーズテーブル レビュー

投稿日:

というわけで、キャプテンスタッグのアルミロールテーブルが想像以上に天板サイズが小さかったので、新しくDODのライダーズテーブルを購入です!

  • 収納時の横幅が50cmなのでタナックスのキャンピングシートバッグの標準時でも入る
  • 天板カバーのおかげで収納楽々
  • ポケットが便利そう

あたりで選びました!

プラ部品が一部ちゃちい感じですが、総合的に見ておすすめできるキャンプツーリング用テーブルだと思います

キャンプツーリングでおすすめのテーブル:

前に使ってたキャプテンスタッグのアルミロールテーブル:

DODのライダーズテーブルはコンパクト&使い勝手も良く結構おすすめのキャンプ向けテーブル!

というわけで新しくDODのライダーズテーブルを購入し、キャンプ向けテーブルとしては2つめのテーブルになります。

はじめにも書きましたが前はキャプテンスタッグのアルミロールテーブルを使っていたのですが、想像以上にサイズが小さく使い勝手の悪さを感じたので、それよりワンサイズ大きいテーブルを購入という形になります。

サイズ比較あたりもあとで写真使って紹介してるので参考にしてください。

ざくっとした特徴としては、初めにも書きましたが以下のような感じです。

  • 収納時の横幅が50cmなのでタナックスのキャンピングシートバッグの標準時でも入る
  • 天板カバーのおかげで収納楽々
  • ポケットなど小物整理ができる

バイク向けにぴったりなサイズな上に他のメーカーにはない収納ポケットなんかもあるのでおすすめです。

特に不満が無ければ今後もこれメインでキャンプを続けるかもしれませんし、更にワンサイズ大きなものを選ぶかもしれませんし、それは現時点ではちょっとわかりません笑。

最近DOD製品は品切れが多いのでこのまま潰れないかと心配になってるのですが(汗)、まあタイミングによっては在庫切れかもしれません。

私も再入荷を結構待って購入しました。

メーカー:DOD
モデル:ライダーズテーブル
価格:5,086円
使用サイズ:幅46cm x 奥行36.5cm x 高33cm
収納サイズ:直径8cm x 50cm

タナックスのキャンピングシートバッグの標準時で収まる長さ(収納時横幅50cm)

とりあえずサイズはこんな感じです。

天板サイズは46cm x 36.5cmなのでキャンプツーリング向けのテーブルとしては中サイズぐらいです。

元々キャプテンスタッグのアルミロールテーブル(写真右)を使ってたのですが、想像以上にサイズが小さかったのでそれよりワンサイズ大きいこちらをチョイス。

ちなみに、左の写真は天板サイズ56cm x 46cmでDODのライダーズテーブルより更にワンサイズ大きいものです。

まあ上の写真の二つのテーブルの間ぐらいのサイズでイメージしといてください(使用時の写真は現在用意中です)。

収納時の横幅が50cmというのは絶妙で、タナックスのキャンピングシートバッグの標準時でも積載可能なんです。

ですから、多くのキャンプ向けシートバッグで積める横幅かと思われます!

同様の構造は他のメーカーも出してるが、収納時の楽さと小物ポケットで選んだ

DODのライダーズテーブルは天板カバーがあるので、収納時はこれにくるくる巻くことで収納できます。

多くのアルミロールテーブルは、だいたいアルミの板にショックコードが通っており、それでパタパタたたむ感じなので、それと比較すると楽々です。

あとは収納ポケットに、

小物ストレージが天板の下にあります。

ちなみに、はじめの折りたたむ写真では収納ストレージ用のネットは外してましたが、別につけたままフレームを折りたたんでも普通に収納できるのでそのままにしておくのがおすすめです。

結合部のプラ部品が即行で破損w(ただ、他メーカーも同じ構造だと思うのでDODだけの問題ではないと思われるが・・・)

土台のフレームパーツに穴があいており、ここにプラパーツの突起を合わせて固定する構造になっています

この突起をしっかり合わせてフレームを差し込んでおかないと、最後の天板のフレームをプラパーツにはめ込むときに邪魔になる感じです。

まあ文章だと説明難しいですが、実際に組み立てたら言ってることはわかります笑。

で、テーブルが届いてまず試しに組み立てたあとにフレームを取り外したら、速攻でこのプラパーツの突起が破損しました笑。

フレームとプラパーツが結構キツキツで、フレームを外すときにちょっと力を入れたら突起が引っかかってしまい破損してしまった感じです・・・

たぶんこれはDODのライダーズテーブルに限らず、この手のアルミテーブルは全部同じ構造なのでDODに限った話ではないと思うのですが、届いて一発目の組み立ててこれが起きたのでちょっと萎えました笑。

まあ、突起が無くてもしっかりしてるのでさほど問題無いのですが、まあそういうことがあったと記載しておきます・・・

実際にキャンプで使ったら写真は準備中なのでしばしお待ちを。

キャンツーで実際に使用したらまた追記しておきます。

まとめ:キャンプツーリング向けテーブルとしてはおすすめです!

というわけで、ちょっと萎えた点もありましたが笑、機能としてはキャンプツーリングテーブルとしては主力になるであろうテーブルと言えるのでおすすめできます

まあその分他のアルミテーブルと比べて若干価格は高いかもしれませんが、機能面を考えるとまあ妥当な価格かなという印象です。

一回買えばずっと使えるものですしね。

収納サイズも横幅50cmなのでほとんどのキャンプ向けシートバッグで積載可能ですので、とりあえずこちらを選べばまず間違いはないでしょう。

もっとコンパクトなものが欲しいならキャプテンスタッグのアルミロールテーブルとかになってきますが、そこらへんは好みになってくると思います。

キャンプツーリングでおすすめのテーブル:

前に使ってたキャプテンスタッグのアルミロールテーブル:

ツーリング先のホテルの予約には楽天トラベルがおすすめ!

宿泊ツーリングでのホテルの予約には楽天トラベルがおすすめで、私も毎回利用しています!

地域名でホテルの検索をかけることができる上に、次回予約時に使えるポイント還元などなど、定番ながらしっかりと使いどころを抑えているのがさすがですね。

キンドルアンリミテッドでバイクジンやライダースクラブ含めた様々なバイク・車雑誌が読み放題!

バイク乗りにも実はおすすめな「キンドルアンリミテッド」の紹介です。

ご存じのように書籍が定額で読み放題なサービスなのですが、そのラインナップの中には「バイクジン」や「ライダースクラブ」、「クラブハーレー」、「モトチャンプ」など、他にも車系雑誌が含まれています!

しかも、話題の漫画のはじめの数巻が読めたり、普通に男性・女性ファッション誌が読めたりなど、雑誌のラインナップは本当に豊富ではっきり言って月額980円は余裕で回収できます

本当におすすめなので気になったら無料体験をしてみてください!

ツーリングがもっと楽しくなるような情報も紹介しています!

以下のまとめページは、私がツーリングをしていく中で欲しいなと思ったバイクカスタムや、もっと快適にするようなバイク用品、そしてカメラ機材からその他のバイク情報を発信しています。

参考にしていただけると幸いです!そしてもっとバイクライフを楽しみましょう!

-キャンプ関連

関連記事


気軽にコメントしてください!

雑談や書いてほしい記事の要望などなんでもOKです!
個別にやり取りが必要な場合、お問い合わせのページでご連絡ください。
コメントはこちらで確認後承認し反映されますので、表示までに少し時間をいただきます。

CAPTCHA


プロフィール画像
名:マサ
年:1992年生
住:東京
バイク:FZ1-S

ツーリングレポートやバイク関係のことを書いています!

特に好きなことは観光ツーリングで、バイクで日本全国を巡るのが目標。

詳しい自己紹介はこちら:自己紹介とバイク歴
ツイッターはこちら:@jiyu_touring
お問い合わせ:こちら