ファイティングロード パワーラックTRUST 徹底プレビュー

トレーニング用品
スポンサーリンク

この記事では、ファイティングロードのパワーラックTRUSTを徹底的に解説していきます!

おすすめのパワーラック:

おすすめの最強パワーラックとメーカー
さて今回は、普段からトレーニングでパワーラックを使用している経験を踏まえて本当におすすめできるパワーラックを紹介します! パワーラックがあれば基本的にフリーウェイト種目は安全に全て行うことができる上に、実は意外と手が届く価格だったりするの...

コスパ重視のおすすめパワーラック:

5万円以下!パワーラック最安値徹底比較・コスパ重視ならこの3つ!
ホームジムを作るなら誰しも憧れるパワーラック! ですがやはり本格的な性能を備えてくるとどうしても高くなってしまうんですよね・・・ しかし!中にはコスト重視にしたパワーラックがいくつか存在するので、今回は5万円以下で購入できるパワーラック...
スポンサーリンク

ファイティングロード パワーラックTRUSTの基本情報

ファイティングロードがどのようなトレーニング用品メーカーかというと、ざっくりとコストに全振りしたようなメーカーです。

といっても高重量を扱うウェイトトレーニングであまりにも質が悪いと安全面に問題があるので、必要最低限の機能は備えているといった感じですね。

パワーラックTRUSTもそのような感じで、セーフティーバーは貫通タイプであったり、耐荷重は200kgであったりするのですが、価格は48,600円と各メーカーと比較してもパワーラックの中ではぶっちぎりに安いでしょう!

オプション類もあまりないので、とにかく価格を優先したいとった場合には有力な候補になると思います。

メーカー:ファイティングロード
モデル:パワーラックTRUST
価格:48,600円
サイズ:幅104 x 奥118 x 高210cm
耐荷重:200kg
重量:66kg

created by Rinker
ファイティングロード Co., Ltd. (FIGHTINGROAD Co., Ltd.)
スポンサーリンク

5万を切った48,600円でとにかく安い!

価格は5万円を切った48,600円と、パワーラックの中では最安の部類に入ります

スポンサーリンク

バーベルは200cm以上対応だが、内寸は狭め

バーベルは200cm以上対応です。

横幅が104cmなので、120cmや160cmのバーベル(グリップ部100cm)はギリギリ長さが足りないという感じでしょうね。

ちなみに、内寸は上記画像の通り92cmですが、これは200cm以上対応のパワーラックの中では狭いほうです。

例えば、アイロテックのパワーラックHPMの場合は内寸101.5cmなので少し広めですね。

オリンピックバーベルのみ対応のものは更に広くなっています。

スポンサーリンク

耐荷重は200kg

耐荷重は200kg

まあ、この価格帯だとこんなもんだと思います。

ベンチプレス200kgはそうそうないと思うので、気にすべきはスクワットとハーフデッドリフトですかね。

ハーフデッドなら200kgは頑張ればいけると思いますが、スクワット200kgも相当強いと思います。

耐荷重に余裕を持たせてないのでも気にならないのであれば、実際の使用重量的には問題無いかと思います。

スポンサーリンク

セーフティは貫通式

セーフティバーは貫通式ですね。

貫通式は・・・私は利便性を考えるとおすすめしていません。

が、価格を考えるとこれはしょうがないかなという感じですね。

スポンサーリンク

オプション類は無い

オプション類は無く、パワーラック本体のみになります。

スポンサーリンク

まとめ:コストを優先したい場合には候補に入る

というわけで、ファイティングロードのパワーラックTRUSTのプレビューでした。

価格相応の最低限の機能といった印象ですね。

5万以下のパワーラックとなると、ファイティングロードか、アイロテックの455、ワイルドフィットのパワーラックPROの3択ぐらいになります。

コストを優先する場合はとりあえずその三つらへんから探すのが良いかなと思います。

おすすめのパワーラック:

おすすめの最強パワーラックとメーカー
さて今回は、普段からトレーニングでパワーラックを使用している経験を踏まえて本当におすすめできるパワーラックを紹介します! パワーラックがあれば基本的にフリーウェイト種目は安全に全て行うことができる上に、実は意外と手が届く価格だったりするの...

コスパ重視のおすすめパワーラック:

5万円以下!パワーラック最安値徹底比較・コスパ重視ならこの3つ!
ホームジムを作るなら誰しも憧れるパワーラック! ですがやはり本格的な性能を備えてくるとどうしても高くなってしまうんですよね・・・ しかし!中にはコスト重視にしたパワーラックがいくつか存在するので、今回は5万円以下で購入できるパワーラック...
created by Rinker
ファイティングロード Co., Ltd. (FIGHTINGROAD Co., Ltd.)

コメント

タイトルとURLをコピーしました