レンズキャップの落下防止にホルダー(ストラップ・フック)がおすすめ!

カメラ・動画撮影

一眼レフカメラ・ミラーレス一眼などの標準のレンズキャップを紛失した経験ありませんか?

もしくは、レンズキャップをいちいちポケットに収納するのが手間だったり。

そういったときにおすすめなのが、ストラップ(ホルダー)付のレンズキャップです!

スポンサーリンク

今回はHAKUBAのフック付レンズキャップを選択

レンズキャップはどこもそこまで大きな差は無いと思われるので、とりあえず今回はレビューが良かったフック付のものを購入してみました(HAKUBAってとこです)。

実際にとりつけたら上のような感じになりますが、まあ想定通りという感じでしょうか!

これまではやはりいちいちレンズキャップをポケットに入れ、撮影が終わり戻そうと思ったら「レンズキャップどこいった!?」とポケットを漁るということが多かったのですが、もう安心ですね笑。

というか、これを購入するのに踏み切った理由は、レンズキャップを無くしてしまったからなのですが・・・orz

スポンサーリンク

レンズ本体に巻いてぶら下げるタイプもあります

ちなみに、レンズキャップホルダーの定番というタイプはこのようなやつですね。

標準のレンズキャップに両面テープで張り付け、レンズ本体にぶら下げるという感じのやつです。

スポンサーリンク

ストラップに取り付けるクリップタイプも

後は、クリップのように挟むタイプもあります。

カバンのストラップや、カメラのストラップなどに取り付けておく感じですね。

スポンサーリンク

レンズキャップのサイズは実際に測ればOK

購入するレンズキャップのサイズの確認については、実際に所持しているレンズを見ればわかります。

レンズキャップは、レンズにあるギザギザの溝にはめ込む形で取り付けるので、そのギザギザの枠の直径を確認すればOKです。

スポンサーリンク

まとめ:レンズキャップをポケットに入れるのがめんどくさくなったら買っておくのが吉

というわけで、レンズキャップの落下防止対策のホルダーのお話でした。

レンズキャップをポケットに入れたあとにどこにやったか探した経験がある、レンズキャップを紛失したことがあるという方であれば購入しておいたほうが良いと思います。

一応プラスチック製品なので、自然の中で落として帰ったら環境的な問題もありますしね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました