積載方法・荷物系

バイクのフルパニア、おすすめ社外メーカー徹底比較

投稿日:2018年5月15日 更新日:

バイクでフルパニア・・・かっこいいですよね~!フルパニアでロングツーリング、憧れますよね!私も実家に帰省するときなどはフルパニアです笑。

さてさてそんなフルパニアですが、最近なんかは純正品が用意されている場合が多いですが、車種によっては純正の選択肢が無かったり、純正品はちょっと高すぎるといった場合(FZ1もそうでした笑)なんかに思いつく選択肢が「社外メーカー」です!。

ジビ(GIVI)らへんはすぐに思いつくと思いますが、意外とフルパニアキットを出している社外メーカーはいくつかあったりするので、今回はそれらを一挙まとめておこうと思います

まずはどういう社外メーカーがあるのか存在を知ることで、気にいったデザインが見つかるかもしれませんね!

これだけ読めば内容がわかる目次

そもそもフルパニアの意味は、トップケース+サイドケースの3つのケースをバイクに取り付けた状態のことを言う

この記事に検索でたどり着いている場合は「フルパニア」がどのようなものか既にご存じと思いますが、改めてどのような状態かと言いますと、トップケースと左右のサイドケースの3つのケースを取り付けた状態をフルパニアと言います

バイクのフルパニアと言えば、比較的まとまった形で最大積載量を確保するための手段になりますね。

タンデムシートを潰さないので、タンデムで宿泊ツーリングなどをするときなどはフルパニアが選択肢になるかと思います!

更に積載量を増やしたい場合は、フルパニアに更にシートバッグなどを組み合わせて積載性をアップさせたりすることができます。

ここまでくるとバイクでどこまで積載容量を増やすことができるのか!って感じですね笑

選び方はデザインのみ!だがいくつか注意点がある

以下社外メーカーを紹介していますが、その前に選び方を書いておきますと、ずばりデザインだけ考えればOKです!

そもそも一度買えば買い替えることは普通ありませんので、予算はあまり考慮せずデザインを最重視すべきかなと思います。

多少メーカーによって価格の差はありますが、純正品と比べたらだいたい半額ぐらいなので、予算は十分抑えることができています。

また、ケースは一度買ってしまえば例えバイクに乗り換えたとしてもキャリアだけ新しく購入できれば使い回しできるので、まさに一度購入すればずっと使えるものになります。

アルミケースと樹脂ケースの二つ、これは好みでいいでしょう!

次にケースの材質のおさらいをさくっとしておきます。

フルパニアを考えて選ぶ場合、トップケース、パニアケースには樹脂製のもの(画像左)とアルミ製のもの(画像右)二つがあります

これは基本的にはどちらでも良く、自分のバイクに似合うほうを選択すればいいでしょう。

アルミケースは真四角なので、樹脂製で丸み帯びたデザインでできる隅のデッドスペースを無くせるというメリットはありますが、そこまで大きな差はありませんね。

アルミケースの場合はアドベンチャーバイクやデュアルパーパス、ネイキッドやツアラーであれば樹脂製のものが似合うかと思います!

キャリアの適合表は必ずチェックする

ケースの選択肢だけ見れば非常に多くありどれにするか迷うと思うのですが、そもそも車種によってキャリアが無い場合もあるので、まずはそこを必ずチェックしましょう!

カウル有りのスポーツモデルなどはフルパニアできることが多いですが、ネイキッドバイクなどは意外とできたりできなかったり・・・ですね。

アドベンチャーでアルミサイドパニアを使用する場合、左右のサイズを変えるのも一つの手

アドベンチャーバイクでアルミケースを選択する場合、アップマフラーですと場合によってはキャリアがサイレンサーの分だけ外側に来ている場合があります

その場合は、上の画像のように左右で違うサイズを選んであげるとおさまりがよかったりします

アルミサイドケースで二つの容量が用意されているのはだいたいこのためですね。

 

というわけで、そんなことを頭にいれて以下フルパニアを取り扱っているメーカーを紹介していきます!

ジビ(GIVI):定番中の定番!

ジビ(GIVI)はイタリアのメーカーで、ハードケースの定番中の定番メーカーですね。

ケースのラインナップが非常に豊富なので、容量の選択肢という意味ではジビで探せば間違いなく見つかるでしょう。

アルミケースと樹脂ケースの両方があります

ジビは定番中の定番なのですが、いろいろとケース・キャリアを選ぶのに注意が必要ですので、そこらへんを重点的に解説していこうかなと、、、

モノキーとモノロックで使えるトップケースが異なるのに注意

まずトップケースから。

ジビのトップケースには「モノキーケース」と「モノロックケース」の2種類あり、ベース部分の構造が違うので注意してください。

ベース部分を交換すればいずれも使える場合もありますが、車種によっては片方しか選択肢が無い場合があります

その場合、自分のバイクにはどちらが使えるのかを確認してからケースを選んでください。

サイドケースのフィッティングキットはケース専用品なのに注意

ジビのサイドケースには結構種類がありますが、それぞれのサイドケースでキャリアが違うのに注意です。

ざっくりと以下のように分けることができます。

1.V35専用のフィッティングキット(樹脂製ケースの大きいやつ、35L)
2.E21、22専用のフィッティングキット(樹脂製ケースの小さいやつ、22L)
3.OBK専用のフィッティングキット(アルミケース)

ただしこれはハードケースについてなので、ソフトバッグの場合はまた互換性が無かったりします。

自分のバイクに使えるのかまず適合表をチェックする

つまり、ジビはケースありきでキャリア・フィッティングキットを選ばなければならないということです。

しかもこのキャリア・フィッティングキットですが車種によって用意されているのとされていないのがあります

例えばトップケースのキャリアだけだったり、フルパニアできてもサイドケースに縛りがあったりなどです。

というわけで、まずは自分のバイクにどのケースが適合しているかを確認後に、ケースを選ぶというようにしてください。

適合表は以下の参考リンクにあります。

参考リンク:GIVIケースを車種から探す

シャッド(SHAD):GIVIに対抗するスペインメーカー

シャッド(SHAD)はスペインのメーカーで、こちらもジビと並びかなり豊富なトップケースの種類を提供しています

ジビと比較してですが・・・サイドケースはこちらのほうがかっこいいかなという印象です笑

あとは、キャリアがケース問わず共通なので、その点はケースの選択に頭を悩ます必要は無いという感じですね。

アルミケースの取り扱いは無く、樹脂製のみとなります。

サイドケースは2種類(SH36、SH23)、キャリアは共通

サイドケースは36LのSH36と23LのSH23の二種類あるので、用途に応じて選択すればいいでしょう!

大きいほうはフルフェイスが入る大きさで、これはだいたいどこのメーカーも同じですね。

一応本国にはもう一つSH35というものがあるのですが、日本では取り扱いが無いようです。

フルパニアできる車種とできない車種があるので注意!

シャッドのケースを使いフルパニアをする場合、トップケース用のフィッティングキットと、サイドケース用に3Pシステムフィッティングキットが必要になるのですが、3Pシステムフィッティングキットは使える車種と使えない車種があるので注意です。

適合車種の確認は、以下の参考リンクのリストを参照してください。車種名の左側に黒丸がついている場合はフルパニア可能となっています。

参考リンク:SHAD フィッティングキット適合リスト

ざっと見ると・・・あんまり対応してないですね・・・笑。

デザインがかっこよくてFZ1に導入検討したのですが、FZ1は対応してないw残念w

エスダブリューモテック(SW-MOTECH):スタイリッシュさを重視、他社ケースも使える

エスダブリューモテック(SW-MOTECH)はドイツのメーカーで、「機能とデザインの両立」というのコンセプト通り、スタイリッシュなデザインが特徴のメーカーですね。しかし結構高価です笑。

その分かっこいいし品質も良いので買ったら間違いなく満足するのでしょうが・・・笑。

アルミケースと樹脂製ハードケース両方を取り扱っているのですが、アルミケースのほうはそこまで選ぶのに困らないと思われるので後者を重点的に解説していきます。

樹脂製ハードケースはスタイリッシュさ重視

SW-MOTECHはアルミケースと樹脂ハードケース両方を取り扱っています。

樹脂製ハードケースは、他社製のものよりまさにケースというケースという感じをしていないのが特徴ですね(伝わりますか?笑)。

例えばサイドケースであればABS樹脂の上にポリエステル600Dの生地を覆ったようなハードケースというよりはセミハードケースという感じの作りで、一番大きいエアロABSサイドケースでも容量は片側25Lとスタイリッシュさを崩さないサイズになっています。

中はABS樹脂なので防水は防水でしょうが、ケースの開閉はジッパーなので、激しい雨の場合は継ぎ目から雨が浸水かもしれませんね。

次にトップケースですが、樹脂製のハードケースも取り扱っているのですがそちらは選択肢が少ないので、どちらかといえばSW-MOTECHのラックに積載できるシートバッグ(上の画像)を選ぶのがスタイリッシュかなという印象です。

サイドキャリアはEVOシステムでアルミケース・樹脂ケース共通

サイドキャリアは、1.EVOキャリアと2.SLCサイドキャリアの二つがありますが、アルミケースやエアロABSサイドケースはEVOキャリアで共通です。

SLCキャリアは、レジェンドギアやアーバンABS、SYSバッグなど他のサイドバッグに対応という感じです。

アダプターでジビとヘプコ&ベッカーのキャリアにSW-MOTECHのサイドケースが使える

SW-MOTECHのトップケース・サイドケースキャリアですが、アダプターを使えば他社製のケースのも使えるようになるというのは大きな特徴ですね。

具体的にはジビ、カッパ、ヘプコ&ベッカー、シャッドという感じで、まさに今回紹介している4メーカー全て対応です。

ジビケースやシャッドのケースが使いたいけどキャリアが無い!という場合、SW-MOTECHではキャリアを出している場合もあるので要チェックですね。

ヘプコ&ベッカー(HEPCO & BECKER):堅牢さが売り!

ヘプコアンドベッカー(HEPCO & BECKER)はドイツのメーカーです。四角い樹脂サイドケースが特徴のメーカーですね。

これは個人的なイメージなのですが、アルミケース・樹脂ケース共に堅牢で強固な造りというイメージです。

アルミケースが複数ラインナップしているのも特徴かなと思います!

アルミ・樹脂製ケース両方の取り扱いがあります。

トップケース・サイドキャリアはアルミ・樹脂共に共通

ヘプコ&ベッカーのキャリアは基本的にはケース問わず共通です。

サイドケースについては2つのキャリア、1.サイドケースホルダー、2.C-BOWキャリアがありますが、ハードケースを使用する場合は1の通常のサイドケースホルダーで問題ありません

アルミであろうと樹脂製であろうとハードケースであればキャリアは共通ということになります。

一方ソフトサイドバッグを使用する場合には後者のC-BOWキャリアを選択する必要があります。

「リモワ(RIMOWA)」のデザインを踏襲するアルミケースの取り扱い

旅好きの人ならご存知かもしれない「リモワ(RIMOWA)」のアルミケース。

ヘプコ&ベッカーにはそのリモワのデザインを踏襲するようなアルミケースを取り扱っています

そのシンプルな外観は使い込めば使い込むほど旅の思い出が染み込んでいくような品ですね!

比較的多くの車種でフルパニアしやすい

こちらも導入する前には事前に適合表を確認する必要がありますが、ざっと見た感じトップケースキャリアを取り扱っている場合はほぼ全てサイドケースキャリアも合わせて使うことができるようです。

排気量が小さいバイクの場合やフルカウルスポーツタイプの場合サイドキャリアがC-BOWのみであったり、トップケース用ラックが小サイズのみであったりしますが、今回紹介する中では一番適合車種が多いのではないでしょうか?

参考リンク:HEPCO&BECKER 車種適合表

インナーバッグも是非合わせて購入してしまうのが良い!

フルパニア化するときに是非一緒に買っておきたいのが「インナーバッグ」です!

荷物をしこたま詰め込んでホテルに到着、いざ荷物を運ぼうと思ったとき、ハードケースをそのまま持っていこうとするとめちゃくちゃ重いのではっきり言ってかなり大変です。

その場合、インナーバッグがあれば中だけ取り出して、だいたいはショルダーベルトがついているので肩にかけて移動できるのでフルパニアでも荷物の持ち運びが楽ちんです!

更に、インナーバッグには小物入れがあったり、中で収納スペースが分けられたりしており、荷物の整理もかなりやりやすくなるというメリットもあります。

これは実際に使えばありがたみがわかるので、騙されたと思って一緒に買っておいてください

まとめ

というわけで、フルパニア化するときに検討するであろう4社について解説しました。

はっきり言って日本の公式サイトでも情報を探すのが結構大変で、海外の本家サイトを隅から隅まで読みながら作成した記事なので、多少は役に立つかなと思います笑

基本的にはデザインで選ぶのが間違いないと思われますが、キャリアがバイクによってあったりなかったりなので、無い場合は素直に諦めるしかないですね。

SSのような場合はやはり対応していない場合が多いので、その場合はキャリア無しで使えるサイドケースなんかが視野に入ってくるのかなと思います。

とりあえずそんな感じで、以上4社の中で気にいったものが見つかれば幸いです!

ツーリング先のホテルの予約には楽天トラベルがおすすめ!

宿泊ツーリングでのホテルの予約には楽天トラベルがおすすめで、私も毎回利用しています!

地域名でホテルの検索をかけることができる上に、次回予約時に使えるポイント還元などなど、定番ながらしっかりと使いどころを抑えているのがさすがですね。

キンドルアンリミテッドでバイクジンやライダースクラブ含めた様々なバイク・車雑誌が読み放題!

バイク乗りにも実はおすすめな「キンドルアンリミテッド」の紹介です。

ご存じのように書籍が定額で読み放題なサービスなのですが、そのラインナップの中には「バイクジン」や「ライダースクラブ」、「クラブハーレー」、「モトチャンプ」など、他にも車系雑誌が含まれています!

しかも、話題の漫画のはじめの数巻が読めたり、普通に男性・女性ファッション誌が読めたりなど、雑誌のラインナップは本当に豊富ではっきり言って月額980円は余裕で回収できます

本当におすすめなので気になったら無料体験をしてみてください!

ツーリングがもっと楽しくなるような情報も紹介しています!

以下のまとめページは、私がツーリングをしていく中で欲しいなと思ったバイクカスタムや、もっと快適にするようなバイク用品、そしてカメラ機材からその他のバイク情報を発信しています。

参考にしていただけると幸いです!そしてもっとバイクライフを楽しみましょう!

-積載方法・荷物系

関連記事


気軽にコメントしてください!

雑談や書いてほしい記事の要望などなんでもOKです!
個別にやり取りが必要な場合、お問い合わせのページでご連絡ください。
コメントはこちらで確認後承認し反映されますので、表示までに少し時間をいただきます。

CAPTCHA


プロフィール画像
名:マサ
年:1992年生
住:東京
バイク:FZ1-S

ツーリングレポートやバイク関係のことを書いています!

特に好きなことは観光ツーリングで、バイクで日本全国を巡るのが目標。

詳しい自己紹介はこちら:自己紹介とバイク歴
ツイッターはこちら:@jiyu_touring
お問い合わせ:こちら