自由気ままに。

人生はもっと自由で気ままだと声を大にして言いたいライダーの備忘録。主にツーリング系の記事がメインとなります。

キャンプ関連

ポールタイプの自立式テントの設営方法

投稿日:

コールマンのツーリングドームSTや、キャプテンスタッグのリベロツーリングテントなどポールをクロスさせて自立する自立式テントの設営方法を解説します。

キャンプツーリングでおすすめのテント:

テントの設営方法

今回はキャプテンスタッグの前室ありモデル、アルミツーリングドームを例にポールを使った自立式テントの設営方法について解説していきます。

設営場所を決める:平らな場所で大きな石をどかす

ではさっそくですが設営方法の解説に入ります。

まずは設営場所の決定からするのですが、この記事では省略。

野宿をするわけでもなくキャンプ場ならばあんまり関係無い内容なので。

平らな場所で、大きな石をどけるぐらいでいいでしょう

グランドシートを敷き、インナーシートを広げる

次にインナーテントを広げます。

前室ありのモデルの場合、インナーテントの向きが前室の方向によって決まってる場合があるのでその点も注意してください

グランドシートを所持している場合は先にグランドシートを敷いておきましょう。

私はですが、強風の場合はこの時点でグランドシートとインナーテントの4隅に先にペグ打ちすることもあります

ちなみに、グランドシートはテント底面を地面の汚れから守ったり、朝の地面からの湿気を防いでくれたりしテントを長持ちさせてくれるので個人的には必須なアイテムです。

ポールを組み立てて、先に2つともインナーテントに通す

次にポールを組み立て、先に2本ともインナーテントの中央部のスリーブに通しポールをクロス上にしましょう

1本ずつスリーブに入れたポールを組み立てると、ポールを曲げたときに2本目が果てしなくスリーブに通しにくいので、2つとも先に通してください。

スリーブにポールを通す場合は、スリーブをまっすぐにしておくのはポイントです。

テントによってはインナーテントはポールにフックで引っかけるだけのものもあるので、その場合はどちらでも良いでしょう。

ポールをクロス上に配置したら、まず片方だけポールの端を固定します。

ポールの固定方法は、ポール側がオスになってるタイプとメスになっているタイプの2種類があります。

写真はポールがメスになってるタイプですね。

このタイプはポールの端を地面に引っかけてしまうと中に土が詰まり結構めんどくさいことになるので注意してください^^;(実体験)

まずは片方だけポールを組み立て、

その状態から2本目のポールを組み立てるとこうなります。

組み立てる順番としては、上側のポールを先に組むのがおすすめです。

組み立てる過程でスリーブをポール中央に持ってくるように移動させながらやると綺麗に組み立てることができます。

フライシートをかぶせてペグを打つ

最後にフライシートをかぶせてペグを打てば完成です。

ペグは、外側から内側へ向くような角度で打つのがコツです。

撤収前にインナーテントをひっくり返してゴミを外に出しておく

撤収は逆の手順で解体していくのですが、インナーテントについてはポールを外す前にひっくり返して中のゴミを外にだしておくのもおすすめです。

夏場ですと朝起きたら虫が中で死んでたりするのでw

自前のペグとハンマーを用意しておくのがおすすめ!

余談ですが、自前のペグとハンマーを用意しておくのもおすすめです。

ペグとハンマーはテントを買い替えても使いまわしできるのと、付属のペグと違い強度があったりカラフルだったりで紛失しづらいというのも良いポイントです。

まとめ

とりあえずはこんな感じですね。

慣れたらスムーズな設営も可能になると思いますが、もっと楽にしたいならワンタッチテントの購入を検討するのもおすすめです。

キャンプツーリングでおすすめのテント:

ツーリング先のホテルの予約には楽天トラベルがおすすめ!

宿泊ツーリングでのホテルの予約には楽天トラベルがおすすめで、私も毎回利用しています!

地域名でホテルの検索をかけることができる上に、次回予約時に使えるポイント還元などなど、定番ながらしっかりと使いどころを抑えているのがさすがですね。

キンドルアンリミテッドでバイクジンやライダースクラブ含めた様々なバイク・車雑誌が読み放題!

バイク乗りにも実はおすすめな「キンドルアンリミテッド」の紹介です。

ご存じのように書籍が定額で読み放題なサービスなのですが、そのラインナップの中には「バイクジン」や「ライダースクラブ」、「クラブハーレー」、「モトチャンプ」など、他にも車系雑誌が含まれています!

しかも、話題の漫画のはじめの数巻が読めたり、普通に男性・女性ファッション誌が読めたりなど、雑誌のラインナップは本当に豊富ではっきり言って月額980円は余裕で回収できます

本当におすすめなので気になったら無料体験をしてみてください!

ツーリングがもっと楽しくなるような情報も紹介しています!

以下のまとめページは、私がツーリングをしていく中で欲しいなと思ったバイクカスタムや、もっと快適にするようなバイク用品、そしてカメラ機材からその他のバイク情報を発信しています。

参考にしていただけると幸いです!そしてもっとバイクライフを楽しみましょう!

-キャンプ関連

関連記事


気軽にコメントしてください!

雑談や書いてほしい記事の要望などなんでもOKです!
個別にやり取りが必要な場合、お問い合わせのページでご連絡ください。
コメントはこちらで確認後承認し反映されますので、表示までに少し時間をいただきます。

CAPTCHA


プロフィール画像
名:マサ
年:1992年生
住:東京
バイク:FZ1-S

ツーリングレポートやバイク関係のことを書いています!

特に好きなことは観光ツーリングで、バイクで日本全国を巡るのが目標。

詳しい自己紹介はこちら:自己紹介とバイク歴
ツイッターはこちら:@jiyu_touring
お問い合わせ:こちら

Menu