自由気ままに。

人生はもっと自由で気ままだと声を大にして言いたいライダーの備忘録。主にツーリング系の記事がメインとなります。

積載方法・荷物系 カスタム

SSやストファイ向けトップケースキャリアはベンチュラ(VENTURA)一択!

投稿日:2018年9月26日 更新日:

スタイルはSSやストリートファイターが好き!けど荷物積みたい!って悩みは意外と多いと思います。

というわけで今回は、SSやストリートファイターでの適合が非常に多いベンチュラ(VENTURA)のキャリアについて紹介したいと思います。

いろいろバイク用品をこれまでに見てきましたが、ベンチュラ以上にSSの適合が多いメーカーは見たことがありませんね。

キャリアを自作しない限りは最も有力な候補になるでしょう。

上記画像はベンチュラのバックパックを積んでいますが、もちろんGIVIのトップケースなどもベンチュラのキャリアで使うことができます

ベンチュラ(VENTURA)のキャリアは適応しているSSやストリートファイターの数が圧倒的に多い

ベンチュラはニュージーランドのバイク用品メーカーで、日本では特にキャリアを中心に取り扱われているのを目にします。

積載系の商品を取り扱うメーカーはいくつもありますが、ベンチュラの特徴はなんといってもSSやストファイ系でも対応していることですね。

SSやストファイ系で積載アップを考えるのならば注目必至なメーカーです!

国内SS、CBR1000RR、YZF-R1、GSX-R1000、ZX-10Rももちろん対応

国内4メーカーのSSは当然対応していますし、海外モデルのSSなどもほとんど対応しています。

適合表は公式で一度確認すればいいと思いますが、ここまで適合車種が多いメーカーは他に無いと思います。

国内代理店NプロジェクトのVENTURAのページ:

ベンチュラは、ベースセット+好みのラックを組み合わせて使う

ベンチュラのキャリアは、ベースキャリア+好みのラックで組み合わせて使います

パックフレームはベンチュラのバッグを使用するときに用い、フラットラックは汎用ベースと組み合わせてトップケースを使用するとき、スポーツラックはネットなどと合わせてですかね。

ベースセットのフレームのまま、もしくはスポーツラックの場合はグラブバーの代わりにもなります。

ラックの向きは前後自由

ラック部分は取り外しして交換するのですが、このときラックの向きは前と後ろ両方で自由です。

手前側にすればよりコンパクトですし、後ろ側にすればタンデムでの走行も可能となります。

後ろ側にして、更にシートバッグと組み合わせればたいていの場合荷物に困ることは無いと思いますね。

GIVI等の他社製トップケースを使う場合、フラットラック+汎用ベースを使います

ジビなどの他社製のトップケースを使う場合は、フラットラックと汎用ベースを組み合わせます

汎用ベースは、ボルトでフレームに固定できるような構造になっており、バイクの純正キャリアなどにベースをとりつけるときも同じような感じですね。

ちなみにジビのトップケースの場合は、購入すれば汎用ベースがセットになってるので別途購入する必要はありません。

対応バッグも用意されているのでこちらでもOK

ベンチュラのバッグも用意されてるのでこちらを購入するのも良いでしょう。

要領はあ10Lから56Lまでと、普通のトップケースと比べても遜色のないラインナップです。

50L近くあればもうこれだけでも荷物はかなり十分ですね。

10Lのスポーツパックを使う場合はスポーツラックでOK、他のバッグを使う場合はパックフレームと併用してください

バッグは、パックフレームの起き上がった部分に被せたあとにベルトとバックルで固定します。

ソフトサイドバッグ(パニア)もあり

ベンチュラにはソフトサイドバッグも用意されています

トップケース用のキャリアと合わせてパニア用のステーが用意されているので、それと組み合わせて使う形になります。

更に積載量が欲しい場合はこちらも検討してみるといいでしょう。

まとめ:SSでキャリアを使って積載向上したいならベンチュラ一択!

というわけで、ベンチュラのキャリアシステムについてまとめました。

SSでは間違いなく適合が一番多いので、積載に困ったら一度調べてみるといいでしょう

ツーリング先のホテルの予約には楽天トラベルがおすすめ!

宿泊ツーリングでのホテルの予約には楽天トラベルがおすすめで、私も毎回利用しています!

地域名でホテルの検索をかけることができる上に、次回予約時に使えるポイント還元などなど、定番ながらしっかりと使いどころを抑えているのがさすがですね。

キンドルアンリミテッドでバイクジンやライダースクラブ含めた様々なバイク・車雑誌が読み放題!

バイク乗りにも実はおすすめな「キンドルアンリミテッド」の紹介です。

ご存じのように書籍が定額で読み放題なサービスなのですが、そのラインナップの中には「バイクジン」や「ライダースクラブ」、「クラブハーレー」、「モトチャンプ」など、他にも車系雑誌が含まれています!

しかも、話題の漫画のはじめの数巻が読めたり、普通に男性・女性ファッション誌が読めたりなど、雑誌のラインナップは本当に豊富ではっきり言って月額980円は余裕で回収できます

本当におすすめなので気になったら無料体験をしてみてください!

ツーリングがもっと楽しくなるような情報も紹介しています!

以下のまとめページは、私がツーリングをしていく中で欲しいなと思ったバイクカスタムや、もっと快適にするようなバイク用品、そしてカメラ機材からその他のバイク情報を発信しています。

参考にしていただけると幸いです!そしてもっとバイクライフを楽しみましょう!

-積載方法・荷物系, カスタム

関連記事


気軽にコメントしてください!

雑談や書いてほしい記事の要望などなんでもOKです!
個別にやり取りが必要な場合、お問い合わせのページでご連絡ください。
コメントはこちらで確認後承認し反映されますので、表示までに少し時間をいただきます。

CAPTCHA


プロフィール画像
名:マサ
年:1992年生
住:東京
バイク:FZ1-S

ツーリングレポートやバイク関係のことを書いています!

特に好きなことは観光ツーリングで、バイクで日本全国を巡るのが目標。

詳しい自己紹介はこちら:自己紹介とバイク歴
ツイッターはこちら:@jiyu_touring
お問い合わせ:こちら

Menu