ベンチプレスの最適なバーベル(腕、手)の位置

筋トレ日記

こんにちは、久々にジム行ってきました
実は今週水曜に中間発表がありまして、そのため3日ほど忙しい日々を送っていました
3日で中間発表を乗り切れる日本の最高学府です(笑)、まあこの話はどうでもいいですね

最後にベンチプレスを行う時のバーベルの位置について話します。

スポンサーリンク

メニュー

所要時間:2h?
体重:測るの忘れた!

【大胸筋】

– ベンチプレス
アップ3セット
70 x5 x2
60 x7 x3
50 x6 x7

– ダンベルフライ(力尽きたら10回までダンベルフライ)
14 x9 x8 x6 x4 x4 x?

– ディップス
6セット

今日は久々のベンチですが、バーベルの位置を意識したことで
いつもより気持ちしっかり負荷を感じながらトレができた気がします
詳細は後述

【広背筋】

– ドリアン・ロー
アップ2セット
55 x8 x4
45 x10 x5 x10 x7

– シーテッドロー
32 x10
36 x5 x4
32 x5
27 x8 x6

– チンニング(懸垂)
6セット

ドリアンローは5キロ上げて55キロでしました
前回のトレで50キロは5~10回で数セットしっかり行えたので、重量をあげた次第です
8回できたので、負荷としては最適な感じですね~
しばらくこの重量で追い込みたいと思います!

【腹直筋・腹斜筋】

– 腹筋ローラー
6セット

【下半身】

– バーベル・スクワット
アップ3セット
80 x7 x4
70 x5 x4

– カーフ・レイズ
73 x10
79 x10
86 x10 x10 x7
79 x10 x8

スクワットは・・・
ジムの時は、記事初めの写真でも出てますが、この緑のショートパンツを履いてトレーニングを行っています
トレーニング中にショートパンツを履いている理由としては、
膝より少し長いと、スクワット時に膝を曲げたら膝に引っかかる時があるからです
で、ショートパンツを履くようにしてたのですが、
太ももが太くなったからか、股の部分が腰を落とした時にめっちゃ窮屈になってきた(汗)
というわけで、トレーニング用パンツを新しく購入せねばなりませんね
条件としては、
・ショートパンツ
・素材がストレッチするゆるい素材
の2点ですね
この緑のやつみたいに伸びない生地だと腰を落としたときに各部が窮屈だ

カーフレイズは、ちょっと前から漠然とやってますけど、
ふくらはぎ太くなってきた気がした!
やっぱ続けることに意味ありますねー

スポンサーリンク

感想

さて、本題に入ります。
ベンチプレスの最適なバーベルの位置ですね

結論から言いますと、だいたいバーベルが乳首の上、つまり大胸筋のちょうど真ん中を横切るぐらいの位置がベストです

ここで言う最適と言うと、一番パワーを出せることができる位置ですね
インクラインベンチやディップだと大胸筋上部や下部などを集中的に追い込むことができたりしますが、
私が一種目目に行う種目は、やはりとにかく重い重量を上げたい!と思っています
というわけで、一番パワーを出せる位置を今回意識してみました。

ちなみに、手を真っ直ぐ床に平行になるように前に伸ばしてあいーんの動作(古い?笑)をしてみると、
手は鎖骨らへんに来ると思います。

というわけで、ベンチプレスを行うときも、気持ち手・腕の位置は下半身側にずらしてあげないと
大胸筋の真ん中に来ないわけですね

ダンベルフライをするときも、胸の真ん中にくるようにすると、若干手・腕の位置は下半身側に来ると思います

参考に!

そういえば、最近Wバーで上腕のトレをするようになって、買った衝動で上腕のトレの頻度が増えてたんですけど、
ふと鏡を見た時に、上腕太くなったなーと思いました
上腕なんかはすぐに変化が出る部位だと思います笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました