自由気ままに。

人生はもっと自由で気ままだと声を大にして言いたいライダーの備忘録。主にツーリング系の記事がメインとなります。

キャンプ 関東

突発富士山ドライブ&西湖湖畔キャンプ場

投稿日:

最近ツーリングレポートが少ないなと感じた方はきっとおられるはず!

その通りで全然ツーリング行ってなかったからですw

そんな生活が結構長く続いてたので、気分転換に突発で富士山周辺と西湖の湖畔キャンプ場にキャンプしてきました!

最近引きこもりすぎて日の光を浴びて我に返った

私は仕事柄基本的にはデスクワークで室内に引きこもりっぱなしの生活を送っているのですが、ふと買い出しのために外に出かけて快晴の下日の光を浴びたとき「本当にこんな生活をしていていいのだろうか・・・?」と急に我に返りました

最近ずっと雨が続いていたというのもありますが、それ以前にいろいろ理由をつけては完全に出不精になっていてメンタルが悪い方向に行ってましたね。

そういう感情が出てしまうともう止めることができず、ふつふつとどこかに行きたい欲が沸き上がってきて気が付いたらキャンプの準備をしていましたw

もちろん平日なので理由をつけてまた引きこもることもできましたが、普段からこういうタイミングで思い切って行動を起こす習慣をつけていないと本当に何もしなくなってしまうんですよね^^;

フットワークを軽くするためには普段から練習しておかないといけないということですw

バイクで初ソロキャン予定でしたが、仕事関係の友達から急遽連絡があり今回は2人でレンタカーで行くことに

これまでソロキャンプ未経験だったのもありこういった機会に思い切ってソロキャンをすることに。

普段引きこもりなので、真逆の大自然の中でキンドルで本でも読みながらだらだらして一人バーベキューでもしてみるのもいいのかもな~とw

健康ランドとかの貧乏旅でも良かったのですが、時間も遅かったのでその場合本当に行って帰ってになりそうだったのでそれはなんか味気ないなと^^;

というのをツイッター(仕事関係のアカウント)でツイートしたら、仕事繋がりの友人から「俺も連れてって!」と無茶ぶりが笑。

しかも、「金は無い」という更に無茶な注文付きでw

まあでも声かけてくれるのはこちらとしても嬉しいことなので、とりあえず今回は私持ちでレンタカーを借りてキャンプに行くことに。

まあお金があるときはお金を出し、無い時はお金を出してもらう、そういう持ちつ持たれつの関係が一番理想なのかなと思います。

ちなみに「キャンプ用品も無い」とのこと()

とりあえずマットは2人分あったのでそちらを用意して、今回は車だったので掛布団だけ持ってきてくれと伝えていざ出発。

後で思い出しましたが、シュラフも夏用と冬用で2つ持ってました^^;笑

思い付きで準備したので色々忘れものがあり大変でしたw

そして午後8時にやっとキャンプ場に到着w

本当なら明るいうちに都心を抜けて夕方ぐらいからだらだらする予定が、思ったより準備に時間がかかったことや友達を迎えに行ったりで首都圏の見事帰宅ラッシュに直撃。

キャンプ場についたのは8時半ぐらいでした

午後8時となるとだいたいのキャンプ場のチェックイン時間に間に合わないのでキャンプ場探しにまず一苦労でした^^;

場所はもう調べてあいてそうなとこにし、今回は西湖湖畔キャンプ場を利用することに。

高速で山中湖まで来たので、山中湖IC近くのスーパーオギノで買い出し

こちらのスーパーは午後9時までやっているのに加えて、炭や薪、バーベキューの焼き網など簡単なキャンプ用品は揃ってたので中央道から富士山方面にキャンプしに行く場合は買い出しの拠点としては便利そうです。

キャンプ場利用料は大人1人1500円で、車も1000円かかります。バイクなら500円ですね。

今回は大人2人に車1台だったので計4000円でした。

後はゴミ捨てに別途150円必要ですが、ゴミは持ち帰りでも良いので、今回は車だったこともあり持ち帰りにしておきました。

直火は禁止です。まあキャンプ場の写真は記事半ばらへんで貼っておくので参考にしておいてください。

後はキャンプサイトは車の乗り入れも可能です。

到着したらまずは火おこし、そしてBBQ

10月末で秋口という感じですが、この時期のキャンプ場の夜は結構冷え込むので寒さ対策は万全にしておいたほうがいいです。暑ければ脱げばいいだけなのでw

ただ寒い一方で虫がいないのでその点は夏よりも快適だと思いますw

さて、到着したらまずは火おこしですね。前回のキャンプで火を起こすのに挑戦したものの結局うまくいかずメンバーに助けてもらったので今回はリベンジ戦のつもりで意気込んでいました。

が、一緒に行ったメンバーが火おこしが得意とのことだったので今回も特に苦労せずでしたw

着火剤あると炭の火おこしがめっちゃ楽wコツはしっかり息を吹き込むこと!

息を吹き込むのは思ったより大事なのかもしれない!

というか、今回の火おこしは本当に拍子抜けなぐらい簡単でした

着火剤をつけてその周りに炭を積み上げて息を吹き込めばもうすぐに火が勢いよくつきました。

前回の火おこしはいったいなんだったんだというぐらい簡単だったので、これはまたソロキャンで本当に簡単なのかを確認しにいかないといけません(困惑)。

一応うまくいった原因として考えられるのは、前回より積み方がよかったのと、やはり息を吹き込むのが大事なのかもということですね。

いずれにせよ固形タイプの着火剤はキャンプでは必須ですね。

バーベキューで腹を満たし、あとは眠くなるまで焚火しながら雑談

火がついたらさっそくバーベキュースタートです。

キャンプでのバーベキューはもう何回も経験していますが、回数を重ねるごとに慣れてくるのでスムーズにできるなあと思いました。

現状キャンプ用品を2人分はないので友人は炭の箱の上に段ボールを敷いて座っていますw

私が現在使っている焚火台は、バーベキューも可能なロゴスのピラミッド焚火なのですが、結構サイズにゆとりがあるのでこういうときはこれを選んで良かったと思いますね。収納時も非常にコンパクトになるので。

今回突発キャンプでしたが、結構忘れたものとか、これがあったら便利だなあというものも多かったので、やはり何回もキャンプに行って慣れていきたいところですね。

秋だと油断してると夜は凍える

その後就寝についたのですが、最近ずっと引きこもってたのでこの時期の寒さをイメージできず、一応冬用のバイクウェアはもって来たのですがまさかの持ってきたシュラフが夏用。

というか、元々バイクでソロキャンの予定だったので、今持ってる冬用シュラフはサイズがでかすぎてバッグに入らないため夏用を持って来たという理由もあるのですが、夜が寒すぎてとにかく震えていました・・・

いや~、バイクでも持ち運びに困らないようなサイズ(耐寒温度)のシュラフを早く購入しようと決心した瞬間でした。

今持ってるやつは耐寒温度-25℃で、暖かいんですがでかすぎるw

朝になりました

こう見ると2人用のテント、だいぶ平べったいな・・・w

というわけで朝になりました。

今回のレンタカーは日産のマーチですね。まあ行って帰るだけだったので一番安いやつです。

車はとにかく楽ですね。早く自分の車が欲しい。

それは置いといて雰囲気はこんな感じですね。

バンガローにライトがついていたのでそこまで暗くはなかったです。

ただ今回新しくヘッドライトを購入していたので、それの恩恵は非常に受けました。ヘッドライト必須です。

あと地面が固めなのでテントはペグ打ちをしていません。ハンマーを持参してるので頑張ればペグ打ちできたかもしれませんが、夜中で音が響くのもあれだったので今回はやめておきました^^;

こちらはキャンプサイトです。

奥に西湖が見えますね。

車の乗り入れ可です。

朝で風があまり吹いていないので綺麗にリフレクションしています。

このロケーション、愛車でキャンプしたら絶対良い写真撮れるだろうなあ、、、

朝食はいつも通りホットサンドクッカーですw

やっぱり朝はこれが好きですね。

中はハムとチーズですが、慣れたらバリエーションも増やしてみようかな?

湖畔キャンプ場の写真

その他の湖畔キャンプ場の写真も貼っておきます。

まあ公式サイトが便利ですね。

こちら管理棟です。カップ麺とかの軽食も売ってます。

こちらはバンガローサイト。

この奥にキャンプサイトがあります。

こちら炊事場。

全体的に綺麗なキャンプ場だと思いました。

ちなみに富士山は見えませんw

ちなみに、西湖は北東あたりに富士山と湖越しに写真を撮れる場所があります

グーグルマップで言えば西湖レストハウスあたりですかね。

こちらも参考に。

須走温泉天恵

朝食を食べ撤収したらまずは温泉へ。

もう最近の流れなのですが、キャンプするときはだいたい夜は風呂に入らずに次の日の朝に温泉に行くことが多いです。

元々はキャンプをして次の日に健康ランドにでも行きサウナと水風呂の往復でもしようと思ってたのですが、今回はレンタカーの返却時間の問題もあったので普通に温泉に行くことに。

平日の朝ということもありそもそもやっている温泉がほとんどない中、須走温泉天恵が営業していたのでそちらに行くことにしました。

ホテルで日帰り入浴利用って感じですかね。

まあ普通でしたw

一応サウナと水風呂はあったのですが、サウナの温度がちょっとぬるめというか、狭いですね^^;笑。

上の段で横になっている人がいたので下の段にいたのですが、何とも微妙な温度でしたw

ガッツリ往復するならサウナは広めの場所のほうが良いですね。

秋の富士山五合目須走口

そのあとはせっかく須走まで来たので須走口五合目まで行きました。

須走口は以前も行ったのでそちらもどうぞ。

久々に来たわけですが、五合目まで結構距離あってびっくりしましたw

途中からセンターラインが消えて林道みたいな感じになるのですが、その区間が結構長くこんなんだっけ?っと。

まあ無事到着出来て良かったです。

前回は駐車場でだべってそのまま下山しましたが、今回は少しぶらっと散歩してみることに。

御覧の通り霧・・・というか雲がすごい。何も見えませんw

10月末の秋でしたが、普通に観光バスが来ていたので、一応この時期も普通に登山しに来る人は多いんですかね?

富士山の登山事情はよく知りませんw

更に行くと普通に山小屋が営業していました

山小屋は吉田口しかないと思ってたので意外でした。

いや、普通に他のルートもあるのか。数が一番多いのは吉田ルートというだけであって。

まあそれは置いといて、いつか初冠雪ぐらいのタイミングを狙って富士山登山には挑戦してみたいですね。

ただ最近ニコ生で軽装で登山配信しながらそのまま滑落してしまって亡くなられた方もいたりするので、登山は舐めてはいけないですね。

キャンプ同様しっかり夏場で登山慣れと知識をしっかり身に着けてからそういう難易度の高い登山にもいつか挑戦してみたいと思います。

三国峠も寄ったんですが、残念ながら雲に隠れて富士山は見えず。時間があるなら忍野八海も良いですね~

あとは富士山と言えば三国峠にも寄ったのですが、残念ながら富士山は雲に隠れてしまっていたのでそのまま素通りして帰ってきましたw

秋だと一面がススキになるので個人的にはおすすめのスポットです。

以前撮影した忍野八海

時間があれば山中湖のそばにある忍野村の忍野八海もおすすめですね。

富士の湧き水で非常に透明度が高く、川魚の水族館のような場所です。

とりあえずこの日は三国峠を後にし、早めに東京のほうへ戻りました。

レンタカーの返却時間に20分ぐらい遅れてしまいましたが、追加料金もかからなかかったので次もまた利用すると思います^^;笑。

まとめ:ちょっと気分転換に突発キャンプは有りと思った!

というわけで、結果的に2人でのキャンプになりましたが、ちょっと気分転換に昼ぐらいに出発して現地でだらだらするソロキャンプは気分転換にめちゃくちゃ良いのではという考えになってきました。

初めにも書きましたが、私は仕事柄デスクワークで基本引きこもりなので、やはりずっとそんな生活が続くと精神面がどんどん悪い方向にいって気がめいってくるんですよね^^;

そんなときに一人で大自然の中へ気軽に行く手段を持っているってのは一つの武器になりそうな気がしましたw

まあここらへんは今回のキャンプで感じたこととかを含めて改めて記事にまとめますかね!

なんやかんやキャンプは好きなので、今後ももっと良いキャンプにできるよう経験を積んでいきたいところです。

ではでは。

ツーリング先のホテルの予約には楽天トラベルがおすすめ!

宿泊ツーリングでのホテルの予約には楽天トラベルがおすすめで、私も毎回利用しています!

地域名でホテルの検索をかけることができる上に、次回予約時に使えるポイント還元などなど、定番ながらしっかりと使いどころを抑えているのがさすがですね。

キンドルアンリミテッドでバイクジンやライダースクラブ含めた様々なバイク・車雑誌が読み放題!

バイク乗りにも実はおすすめな「キンドルアンリミテッド」の紹介です。

ご存じのように書籍が定額で読み放題なサービスなのですが、そのラインナップの中には「バイクジン」や「ライダースクラブ」、「クラブハーレー」、「モトチャンプ」など、他にも車系雑誌が含まれています!

しかも、話題の漫画のはじめの数巻が読めたり、普通に男性・女性ファッション誌が読めたりなど、雑誌のラインナップは本当に豊富ではっきり言って月額980円は余裕で回収できます

本当におすすめなので気になったら無料体験をしてみてください!

ツーリングがもっと楽しくなるような情報も紹介しています!

以下のまとめページは、私がツーリングをしていく中で欲しいなと思ったバイクカスタムや、もっと快適にするようなバイク用品、そしてカメラ機材からその他のバイク情報を発信しています。

参考にしていただけると幸いです!そしてもっとバイクライフを楽しみましょう!

-キャンプ, 関東

関連記事


気軽にコメントしてください!

雑談や書いてほしい記事の要望などなんでもOKです!
個別にやり取りが必要な場合、お問い合わせのページでご連絡ください。
コメントはこちらで確認後承認し反映されますので、表示までに少し時間をいただきます。

CAPTCHA


プロフィール画像
名:マサ
年:1992年生
住:東京
バイク:FZ1-S

ツーリングレポートやバイク関係のことを書いています!

特に好きなことは観光ツーリングで、バイクで日本全国を巡るのが目標。

詳しい自己紹介はこちら:自己紹介とバイク歴
ツイッターはこちら:@jiyu_touring
お問い合わせ:こちら