自由気ままに。

人生はもっと自由で気ままだと声を大にして言いたいライダーの備忘録。主にツーリング系の記事がメインとなります。

ツーリング用品

デイトナ スマートフォンホルダー/WIDE リジットタイプ レビュー

投稿日:2018年5月25日 更新日:

購入してだいぶ長いこと使ったのですが、デイトナのバイク用スマートフォンホルダーリジットタイプのレビューをしておきます!

振動を全く拾わずしっかりと固定されるので、おすすめできるスマートフォンホルダーです!

WIDEタイプも購入したので両方の良いとこ悪いとこをレビューします!

おすすめのスマートフォンホルダー:

デイトナ バイク用スマートフォンホルダー リジットタイプ・ワイドを購入

さて、今回はデイトナのスマートフォンホルダーリジットタイプのレビューです。

実際に使ってみて普通に性能も良く不満な点が特に無かったので、私は所有しているバイク3台全てで使えるように追加購入したぐらいです笑。

基本性能は全く問題無いのですが、注意すべき点は横から挟む感じになるので、スマートフォンの横のボタンの位置によっては、固定したときにボタンが押されてしまうというぐらいですね。

はじめは通常タイプを購入しましたが、後にワイドタイプも購入したのでそちらのレビューも含めてこの記事で紹介していきます。

メーカー:デイトナ
モデル:スマートフォンホルダー リジットタイプ
価格:4,100円
対応サイズ:幅58~68mm、厚み9~15mm、

モデル:スマートフォンホルダーWIDE リジットタイプ
価格:4,600円
対応サイズ:上下幅110~147mm、左右幅55mm~85mm、全長147mm越えのスマホも延長アームで対応

対応ハンドル径:22~29mm
※取り付け工具付属

最近は画面の大きいスマホが多いのでWIDEタイプがおすすめ

デイトナのスマートフォンホルダーには通常のタイプと、大画面のスマートフォンにも対応したワイドタイプの2種類があります。

機能はどちらも同じですが、最近のスマートフォンは大きいものが多いのでワイドタイプのほうがおすすめです

私は元々通常のタイプを購入し使っていたのですが、スマートフォンを買い替えてサイズが大きくなると通常のではハンドルの振動でわずかに上にずれるようになりました

落ちるような感じではありませんでしたが、精神衛生上よろしくなかったのでワイドタイプを改めて購入しなおしました。

ワイドタイプは上下にストッパーがあるので振動で縦に動くことがないのでその部分は安心です。

リジットタイプ・クイックタイプの違いはボルト固定かどうか。断然リジットがおすすめ!

サイズとは別に、デイトナのスマートフォンホルダーには「リジットタイプ」と「クイックタイプ」の2種類あります。

違いは単純で、リジットタイプは上のように各部の固定にはボルトが使われています

一方クイックタイプは、クリップを引っかけるような形で固定されています。

当然ながらリジットタイプのボルト固定のほうが確実にしっかりと固定できるので、振動の面では優れています

ボルトを締める六角レンチが付属しているので、特に理由が無い限りはリジットタイプを選びましょう

3軸の角度調整で好きな方向に向けることができる

デイトナのスマートフォンホルダーは3軸で角度を調整することができます。

スマートフォンの取り付け角度の回転、ホルダーの左右回転、あとはハンドルの部分で手前と奥に倒すことができ、自分の好きな向きにセットすることができます

ホルダーの取り付け部分は、このようにギザギザを組み合わせる形で9°ずつ回転することができます。

横のボタンが押されないように注意。WIDEは調整できる

デイトナのスマートフォンホルダーは横から挟み込んで固定するタイプになるので、スマートフォンの横のボタンの位置によっては固定したときにボタンが押されてしまいイライラという場合があります。

通常のタイプは実測で8cmになるので、それより上にボタンが来ている場合は大丈夫です。

また、横の固定部分の中部が空洞になっているので、ここにボタンが来る場合も大丈夫ではありますが、8cmより下にボタンがある場合は避けたほうが無難かと思います。

一方ワイドタイプは上下の固定具の高さを調整できるので、横のボタンが干渉しないような位置調整が可能です。

ちなみに私の場合は、横のボタンの位置が結構高かったので拡張アームを使いました。

そして拡張アームを使うと縦幅がありすぎて、可変のほうの固定具を一番短くしても少し隙間が、、、

まあでっぱりがあるので上下の動きは抑えられるので落ちることは無いと思います。

そもそもこんな感じに横でまとまった面で挟み込まれるのが気になる場合は、おすすめのスマートフォンホルダーでも紹介しているRAMマウントのXグリップなんかも検討してみるといいかもしれません。

RAMマウント Xグリップ レビュー:

パーツが金属製ということもあり振動は全く無し

本体の詳細だけで結構な文章量になってしまいましたが、結局一番気になるのはここですね笑。

振動については、全く問題ありません!一切無しというレベルですね。

ここらへんは、そもそもスマートフォンホルダーを選ぶときに固定部分が金属製であることを基準に探していたので、想定通りの性能だったという感じです。

上の動画はツーリング先で撮影した車載映像です。

スマートフォンに写り込んだ空を見ても、一切振動が無いことがわかるかと思います。

ナビでもつけてればわかりやすかったのですが、まあ伝わるかな?笑

ボルトの締め付けが悪かったからか、ホルダー部分が一回脱落・・・配置が決まったらネジロックを使っておくのがおすすめ?

とまあ使用の面では全く不満はなかったのですが・・・ボルトの締め付けが甘かったため、一度ホルダー部分が脱落してしまいました(汗)。上の画像は脱落後です笑。

幸いそのときに限ってスマートフォンをつけていなかったので特にダメージは無かったのですが、次また脱落したら嫌なので、現在はネジロックで完全に固定してしまっています

青色の中強度なら外したければ外せるので、配置を決めてしまったらネジロックで固定してしまうのもいいかもしれませんね!

脱落したら困る場所なんかにはネジロックは使えるので、一つ持っておくのも良いかと思います。

まあ私が緩く締めすぎたのがそもそもの原因なのですが・・・orz

付属のバンドは無くしても単体で購入できる

デイトナのスマートフォンホルダーは、上部をシリコンバンドで最終固定する形になるのですが、このバンドを無くした場合単体で購入することができるので、アフターサービス(?)もばっちりです!

まとめ:おすすめできる!

というわけで、デイトナのスマートフォンホルダーのレビューでした。

一度脱落経験はあるものの、こちらについてはネジロックで対策可能なので、それ以外に不満がなかったこともあり普通にリピート対象商品ですね。現にトータルで3つ購入してますし笑。

スマートフォンホルダーの振動については、実際に使っている人の声を聴くしかないので、基本的には誰かがレビューしているものの中から選ぶのが良いかと思います。

購入して使用したら振動で使えたもんじゃなかったらだと困りますしね。

というわけで、レビューでした。

おすすめのスマートフォンホルダー:

ツーリング先のホテルの予約には楽天トラベルがおすすめ!

宿泊ツーリングでのホテルの予約には楽天トラベルがおすすめで、私も毎回利用しています!

地域名でホテルの検索をかけることができる上に、次回予約時に使えるポイント還元などなど、定番ながらしっかりと使いどころを抑えているのがさすがですね。

キンドルアンリミテッドでバイクジンやライダースクラブ含めた様々なバイク・車雑誌が読み放題!

バイク乗りにも実はおすすめな「キンドルアンリミテッド」の紹介です。

ご存じのように書籍が定額で読み放題なサービスなのですが、そのラインナップの中には「バイクジン」や「ライダースクラブ」、「クラブハーレー」、「モトチャンプ」など、他にも車系雑誌が含まれています!

しかも、話題の漫画のはじめの数巻が読めたり、普通に男性・女性ファッション誌が読めたりなど、雑誌のラインナップは本当に豊富ではっきり言って月額980円は余裕で回収できます

本当におすすめなので気になったら無料体験をしてみてください!

ツーリングがもっと楽しくなるような情報も紹介しています!

以下のまとめページは、私がツーリングをしていく中で欲しいなと思ったバイクカスタムや、もっと快適にするようなバイク用品、そしてカメラ機材からその他のバイク情報を発信しています。

参考にしていただけると幸いです!そしてもっとバイクライフを楽しみましょう!

-ツーリング用品

関連記事


気軽にコメントしてください!

雑談や書いてほしい記事の要望などなんでもOKです!
個別にやり取りが必要な場合、お問い合わせのページでご連絡ください。
コメントはこちらで確認後承認し反映されますので、表示までに少し時間をいただきます。

CAPTCHA


プロフィール画像
名:マサ
年:1992年生
住:東京
バイク:FZ1-S

ツーリングレポートやバイク関係のことを書いています!

特に好きなことは観光ツーリングで、バイクで日本全国を巡るのが目標。

詳しい自己紹介はこちら:自己紹介とバイク歴
ツイッターはこちら:@jiyu_touring
お問い合わせ:こちら

Menu