自由気ままに。

人生はもっと自由で気ままだと声を大にして言いたいライダーの備忘録。主にツーリング系の記事がメインとなります。

四国

四国一周経験者!四国でおすすめのツーリングスポットまとめ

投稿日:2019年9月2日 更新日:

一週間程日程を取って四国ツーリングをしたので、四国一周、一周でなくてもツーリングをするならここは寄ったほうが良いというおすすめスポットを県別に紹介します!

※リンク用にて執筆中ですのでしばしお待ちを。

これだけ読めば内容がわかる目次

とりあえずツーリングマップル片手に!色々ルートを考えてください!

この記事でもおすすめの場所はそれぞれ紹介はしますが、実際の場所のイメージや周辺の道の確認、周辺スポットの確認をするためにも基本的にはツーリングマップルを片手にルートを組むのがおすすめです。

当たり前ですがこの記事で紹介するものはピックアップした一部ですので、この記事に載っていない場所なんかを探すときにマップルはやはり役立ちます。

通常のほうにあるのかはちょっとわかりませんが、Rの場合大きめの地図も同封されているので、それに実際に書き込みながらルートイメージを組むのがおすすめです。

近くに住んでない限りそんな頻繁には行くことも無いと思うので、どうせ使用回数が少ない地図なのであれば、その数少ないツーリングのために地図は書き込みしまくって味を出してしまいましょう!笑

四国一周ツーリング(7日間)一回目の記事一覧

まずは以前行った四国一周ツーリングのルートから紹介です。日数は7日間で総走行距離は1240km(東京→四国→大阪まで)。

日数的には一週間でしたが、見てわかるようにだいぶ寄れてない場所があるので、もしちゃんと一周したいのであればもう少し日数に余裕は持たせたほうがいいかもしれません。

これを踏まえて、行って良かった場所、そして行けなかったが本来ならば行きたかった場所なんかを紹介できたらなと思います。

以下それぞれのツーリングレポートへのリンクです。

旅行日程:2019年8月16日~22日

1日目:

2日目:

3日目:

4日目:

5日目:

6日目:

7日目:

四国のおすすめ岬

まずは岬から。ツーリングと言えばだいたい行きたくなる場所が岬ですよね。

四国の東西南北の先端含め、おすすめの岬のリストは以下になります。

  • 【徳島県】蒲生田岬(かもだみさき):四国最東端
  • 【高知県】室戸岬:四国南東端。室戸スカイラインも合わせて。
  • 【高知県】足摺岬(あしずりみさき):四国最南端
  • 【愛媛県】高茂岬:愛媛県最南端
  • 【愛媛県】佐田岬:四国最西端。日本一細長い半島。佐田岬にはライダーハウス・Walk ONあり。佐田岬メロディーラインも合わせて。
  • 【香川県】竹居岬:四国最北端

ちなみに愛媛県にある四国最西端の佐田岬ですが、九州本島最南端には佐多岬とあって名前が微妙に似てるので間違えないようにしてくださいw

かもだ岬:

室戸岬:

【徳島県】大鳴門橋・鳴門スカイライン・うずしおクルーズ

それでは、徳島県から時計回りに順番におすすめのスポットを紹介していきます。

まずは大鳴門橋。皆さんご存知のように、淡路島と四国の間の鳴門海峡を結ぶ橋ですね。

大鳴門橋の展望スポットは、大鳴門橋の徳島側にある鳴門公園周辺に割とあるのでそこらあたりを回ってみてください。

グーグルマップで場所をあげるなら、鳴門公園内の見晴台、千畳敷展望台、お茶園展望台の3つあたりが候補ですかね。

それぞれ違う角度、高さの展望なので好みの景色も探してみてください笑。

また、鳴門海峡は渦潮でも有名ですね。

大鳴門橋の下にある歩道橋・渦の道からでも見ることができますし、徳島側、淡路島側共にうずしおクルーズ船が出ているのでそちらを利用してみるのも良いでしょう。

徳島側のうずしおクルーズについては、うずしお観光汽船とうずしお汽船の2つあります。

名前が似ているので間違えないようにしてください。

公式サイトでは、その日の渦潮が良く見える時間帯を確認することができるので、その時間帯に合わせてこちらを訪れるのも良いでしょう。

後は、鳴門公園から西側へ伸びる鳴門スカイラインも徳島のおすすめロードの一つですので、是非走ってみてください。

【徳島県】祖谷渓:天空の村、かずら橋、奥祖谷観光周遊モノレール等

徳島県で絶対におすすめな場所は祖谷渓(いやけい)です。

後は次に続く剣山ですが、この2つのスポットはだいたい近くにあるので、徳島県を走るのであれば自然とここら周辺がメインになります。(あとは最東端のかもだ岬ですね)

祖谷渓でここに寄っておけば間違いない場所は

  • 祖谷渓のションベン小僧
  • 祖谷のかずら橋
  • 奥祖谷二重かずら橋
  • 天空の村・落合集落
  • かかしの里
  • 奥祖谷観光周遊モノレール※記事執筆時点で水曜日定休日なので注意

あたりですかね。

祖谷渓は四国でも有名なスポット、天空の村・落合集落がある場所です。

落合集落は古民家を宿にしていたりしているので、こちらを宿泊地として集落周辺を散策するのも良いですし、向かいの山から写真を撮るのもおすすめです。

こちらは平家伝説のあるかずら橋。植物のシラクチカズラで作られており、日本三大奇橋の一つ。

見た目はがっしりしてますが、渡ると非常によく揺れ、尚且つ足元がスカスカなのでスリル満点です!

祖谷美人 祖谷そば

祖谷渓の祖谷そばも名物なので是非。こちらは祖谷美人にて。

その他のスポットについては私は実際には行けてないので省略します^^;

奥祖谷観光周遊モノレールは奥祖谷の山中を1時間ほどかけて一周する2人乗りのモノレールで、私も非常に行きたかったのですがちょうど定休日で行けなかったので、祖谷渓に行くのであればこちらも是非日程に組み込んでください!

【徳島県】剣山:日本一長い観光林道・剣山スーパー林道などがある

あとは、祖谷渓の少し東に位置する剣山も徳島県では有名なスポットです。

剣山の隣を走る剣山スーパー林道は87.7kmで長さ日本一の林道で、ダートですが比較的しっかり整備された観光林道となっています。

剣山は登山リフトがあるので、観光登山として散策してみるのもいいでしょう。

【徳島県】徳島ラーメン:三種類ある徳島ラーメンを食べ比べしてみてください!

中華そば・いのたに(茶系)

徳島に来たのであれば徳島ラーメンも是非。

徳島ラーメンは、中華そばや支那そばの名前でお店を構えている場所が非常に多いです。

支那そば・三八(黄系)

徳島ラーメンには、茶系・白系・黄系と3種類存在し、店によってそれぞれ味が違うので食べ比べして好みの味が見つかるといいですね。

【高知県】桂浜・横波黒潮ライン/黒潮ライン

高知県に入りまずは桂浜から。

桂浜は坂本龍馬のエピソードがある場所で、月の名所としても知られます。

黒潮ライン

桂浜周辺にやって来たのであれば、桂浜から須崎にかけて海沿いを走る県道14号黒潮ライン、国道47号横波黒潮ラインは是非走ってみてください

【高知県】四万十川・沈下橋

お次は日本最後の清流とも言われる四万十川です。

四万十川の全長は196kmにも及び、川に沿って気持ちの良いワインディングがひたすら続くバイク向けのスポットでもあります。

場所によって様々な姿を見せる四万十川を横目にゆっくり流しながら走るのが非常に気持ち良かったです。

そして四万十川と言えば沈下橋

沈下橋は四万十川増水時には川の中に隠れてしまうため、その名の通り沈下橋と呼ばれています。

四万十川の各所に47もあり、四万十川沿いを走っていたら比較的簡単に見つけることができます。

沈下橋はだいたいどれも同じですので別に順番に巡っていく必要は全くなく、見つけたらちょっと降りてみるぐらいの気持ちで問題ありません。

もちろん場所によっては良い写真も撮れるので、景色目当ての方はいろんな沈下橋を巡り自分好みの沈下橋を見つけるのも良いですね。

個人的なおすすめは、四万十川の清流を感じられる河原まで下りられる沈下橋ですかね。

私自身全ての沈下橋を巡ったわけではないのでここが良かったとは言えませんが、色々行ってみてください!

【高知県】高知市街・ひろめ市場

次は高知駅周辺の高知市街です。

ツーリングスポットでは全く無いのですが笑、個人的に食のスポットとして非常によく感じたので、もし四国一周などを計画しているのであれば是非高知駅周辺宿をとり夜は食べ歩きしてみてください。

ひろめ市場

おすすめはひろめ市場ですね。

ひろめ市場はフードコート的に様々なお店が立ち並ぶ居酒屋的な感じ。

なかなかツーリング中はお酒を飲むタイミングが少ないかと思われるので、こういった場所で郷土料理をつまみ酒を飲みながらツーリングの疲れを吹き飛ばしてみてもいいのかなと思います。

高知と言えば酒好きが多いですからね!

いまどき安兵衛

こちらはひろめ市場ではなく、普通に飲食店のいまどき安兵衛というお店ですが、写真のように屋台・餃子・ビールは高知の文化です!

郷に入れば郷に従えというように、せっかく高知まで来たのであればお酒を楽しんでみてはいかがでしょうか。

夜には高知城がライトアップされているので、ご飯を食べたあと散歩なんかもいいかもしれませんね。

【高知県】わら焼きカツオのたたき実演販売(道の駅かわうその里すざき等)

道の駅かわうその里すざき

ひろめ市場に続き高知の食を2連続で。

土佐の名物として知られるカツオのたたきですが、高知県で是非おすすめしたいのがわら焼きの実演販売

写真のように豪快に植物の藁を使ってカツオを焼き上げます!

道の駅なんかで実演販売はやっているのでツーリングルートに組み込んでみてください。

私は道の駅かわうその里すざき、道の駅なぶら土佐佐賀などによりましたが、いずれも実演販売をやっていました。

須崎のほうが身近で見れるのでこちらのほうが良いかもしれませんね。

普段食べるカツオのたたきと全然違って、言葉にはできませんでしたがとにかくおいしかったので食べてみてください!笑

【高知県・愛媛県】四国カルスト(県道383号四国カルスト公園縦断線)

順番がごちゃごちゃな感じはありますが笑、とりあえず2つ連続で微妙に高知県と愛媛県の県境に位置しているのでこのような並びになりましたw

次は四国カルストです。山口県の秋吉台、福岡県の平尾台と並び日本三大カルストの一つです。

本来ならば絶景スポットなのですが笑、私が訪れたときは完全に霧で隠れてしまってたので写真は少し残念な感じになりますw

皆さんが訪れたときは天気が晴れますように(-人-)

四国カルストは東側から天狗高原、五段高原、姫鶴平と続いていますが、特に景色が良いのは天狗高原から五段高原にかけてですので、もし写真を撮るのであればそこらへんで良いスポットを探してみてください。

四国カルストの草原地帯は牛が放牧されており牧歌的風景が続きます。

余談ですが、県道383号四国カルスト公園縦断線の一つ南には四国カルストを見上げながら走るダートがあります。

もしオフロード乗りの方はそちらのほうもチェックしてみてください!

【高知県・愛媛県】石鎚山スカイライン・瓶ヶ森UFOライン

 

 

【愛媛県】道後温泉

ここからは愛媛県に入ります。

まずは道後温泉、非常に古い歴史を持つ温泉で日本三古湯の一つに数えられます。

夏目漱石の小説「坊ちゃん」でも登場したことでも有名ですね。

道後温泉本館

道後温泉の一番のメインスポットと言えば、道後温泉本館でしょう。

明治時代(1894年)から続く大衆浴場で、現在も継続して利用することができます。

ですが、記事執筆時点で道後温泉本館は改装中であり、利用できるのは神の湯のみとなっています。

道後温泉にせっかく来たのであれば利用しその雰囲気を楽しんでみてください。(時間帯によっては非常に混みます。入場制限で列が並ぶ感じです。)

と言っても大衆浴場ですので、あるのは脱衣所と風呂場のみです。石鹸・シャンプーなども持参しないといけないのでその点は注意です。

道後温泉駅前のからくり時計(30分ごとに上演)

本館以外にも、駅前の商店街や湯神社、道後温泉など周辺散策もしてみてください。

【愛媛県】しまなみ海道

愛媛県のおすすめの道と言えばここですね!しまなみ海道!

広島県尾道市と愛媛県今治市を結ぶ60kmほどの道で、途中には6つの島々を7つの橋で繋いでいます。

 

【愛媛県】鯛めし

 

【香川県】瀬戸大橋、五色台スカイライン

五色台ドライブウェイの途中にある休暇村讃岐五色台

ここからは最後の県である香川県に入ります。

香川県日本で一番面積の狭い都道府県ということもあり、徳島県との県境付近の山間部を除けば、中央部はほとんど市街地となっており走れるスポットとしては瀬戸内海沿いの道ぐらいになります。

とは言え市街地から少し外れただけで海沿いの気持ちのいい道路が続くのは、香川県ならではだと思います。

基本的に海沿いを順番に巡っていくのがおすすめですね。

写真は休暇村讃岐五色台で、ここからは瀬戸大橋を遠目ですが見ることができます。

大鳴門橋は微妙に徳島県に入ってしまってるので、香川県を代表する橋は瀬戸大橋ということになります笑。

【香川県】屋島ドライブウェイ

 

【香川県】栗林公園

 

【香川県】金刀比羅宮

 

 

【香川県】讃岐うどん

手打ちうどんむさし

最後になりましたが、香川おすすめの食は讃岐うどんです!

讃岐うどんといえば、だいたい冷凍うどんが讃岐うどんなので馴染みあると言えば馴染みはありますが、やはり現地で食べるとおいしいですね。

現地のうどんは1杯1杯が安く、しかもコシのある太麺でつるっといけてしまうので、何杯も注文してしまいました笑。

讃岐うどんのお店はたくさんあると思いますが、とりあえず押さえておけば間違いないお店としては

  • つるや
  • がもう
  • たもや

あたりですかね。

本当にたくさんのお店があるので色々食べ比べするのもいいかと思います!

四国ツーリングをするならライダーズインは是非ご利用ください

ライダーズイン四万十

四国には各地にライダーハウスであるライダーズインがあります。

なかなか良い立地で各所巡る拠点になりそうなので、積極的に使っていきたいところですね。

所在地リストは以下。

  • ライダーズイン奥物部:高知県東部の内陸
  • ライダーズイン雲の上:北上すれば四国カルストまですぐ
  • ライダーズイン四万十:四万十川沿い
  • ライダーズイン中土佐:高知県の太平洋側の海沿い
  • ライダーズイン室戸:室戸岬先端付近

ライダーズイン雲の上については普通に楽天トラベルで予約できるので、ご利用の際にはそちらで予約してしまうのが楽かもしれませんね。

あとは佐田岬先端にもライダーズインではありませんが別のライダーハウスWalk ONがあるのでそちらも頭に入れておくといいかと。

ライダーハウスが無い場所はあとはもうほとんど市街地になるので、例えば道後温泉や香川の市街地あたりにビジネスホテルなり宿を取ってしまうのがいいでしょう。

まとめ:他にもスポットはありますが、とりあえず上記を押さえておけば間違いないでしょう!

といわけで、私自身実際に行けてないスポットがあり写真が無いなどでなんとも中途半端な記事になってしまいましたが、、、笑、ここらへんのスポットを頭に入れて四国を回ればだいたい四国ツーリングで失敗することはないでしょう!

私は一週間の日程をとって四国を巡りましたが、それだと結構日程的に厳しかったので、もし余裕があるのであればもう少し日数が欲しいところですね。

四国にはライダーハウスであるライダーズインが各所にあるので、宿についてはそこを拠点にすれば比較的各地巡りやすいのかなという印象です。

行けてないところについては後日日程を組みツーリングに行き、行くたびにこの記事は都度修正を加えていきたいと思います(と言っても距離的にそんなに頻繁にはいけませんが^^;)。

これから四国へツーリングに行く全てのライダーの参考になれば幸いですm(_)m

ではでは。

ツーリング先のホテルの予約には楽天トラベルがおすすめ!

宿泊ツーリングでのホテルの予約には楽天トラベルがおすすめで、私も毎回利用しています!

地域名でホテルの検索をかけることができる上に、次回予約時に使えるポイント還元などなど、定番ながらしっかりと使いどころを抑えているのがさすがですね。

キンドルアンリミテッドでバイクジンやライダースクラブ含めた様々なバイク・車雑誌が読み放題!

バイク乗りにも実はおすすめな「キンドルアンリミテッド」の紹介です。

ご存じのように書籍が定額で読み放題なサービスなのですが、そのラインナップの中には「バイクジン」や「ライダースクラブ」、「クラブハーレー」、「モトチャンプ」など、他にも車系雑誌が含まれています!

しかも、話題の漫画のはじめの数巻が読めたり、普通に男性・女性ファッション誌が読めたりなど、雑誌のラインナップは本当に豊富ではっきり言って月額980円は余裕で回収できます

本当におすすめなので気になったら無料体験をしてみてください!

ツーリングがもっと楽しくなるような情報も紹介しています!

以下のまとめページは、私がツーリングをしていく中で欲しいなと思ったバイクカスタムや、もっと快適にするようなバイク用品、そしてカメラ機材からその他のバイク情報を発信しています。

参考にしていただけると幸いです!そしてもっとバイクライフを楽しみましょう!

-四国

関連記事


気軽にコメントしてください!

雑談や書いてほしい記事の要望などなんでもOKです!
個別にやり取りが必要な場合、お問い合わせのページでご連絡ください。
コメントはこちらで確認後承認し反映されますので、表示までに少し時間をいただきます。

CAPTCHA


プロフィール画像
名:マサ
年:1992年生
住:東京
バイク:FZ1-S

ツーリングレポートやバイク関係のことを書いています!

特に好きなことは観光ツーリングで、バイクで日本全国を巡るのが目標。

詳しい自己紹介はこちら:自己紹介とバイク歴
ツイッターはこちら:@jiyu_touring
お問い合わせ:こちら