トレーニング途中の体脂肪率約20%の男性の身体

スポンサーリンク

実は今日入社前健康診断がありまして、体脂肪率を計測しましたので、ご報告です

スポンサーリンク

健康診断のデータ

まずは健康診断の結果からです

身長:177.4cm
体重:73kg
体脂肪率:19%(小数点以下は忘れちゃいいました笑 19.7とか19.3だったよーな・・・)

体脂肪率は、両足に2つずつ電極があり、それで測るタイプでした

ちなみに私の状況としてですが、トレーニング歴4年目突入で、最近は自宅トレの器具も揃いはじめて結構トレーニングも本格化してきたところです

スポンサーリンク

お次は体脂肪率19%の身体です

脱力した状態と力を入れた状態での見た目を比較していきます。

まずは脱力状態

完全に力を抜いています
お腹周りの肉がやはり気になりますね
背中からはそんなに気になりませんが、やはりズボンの境目らへんのお腹周りに肉はたまってます笑

力入れて正面

次は力を入れています
胸の部分に張りができ、お腹もへこませて力を入れてるのでうっすらと割れ目が見えます
2枚目のように、ポージングによっては背中の筋肉も目立ちます
3枚目のように腕をあげるとだいぶお腹周りはすっきりした印象を受けます

胸のトレーニング、ベンチプレスは75キロ、肩のトレーニング、ミリタリープレスは45キロでトレーニングしています

力入れて背中

力入れて背中です
体脂肪率20%ぐらいですと、背中は割とカットが見えているような気がします。(2枚目)

背中のトレーニング、ベントオーバーローは60キロでしています

最後は下半身です

最後は下半身です
下半身は特にって感じです笑

スクワットは100キロでやってます

スポンサーリンク

同じ体脂肪率でも筋肉の量で見た目の印象はかなり変わる

体脂肪率20%って聞くと、正直やや肥満のような数値のように思えます
今回の健康診断では、体脂肪率20%を超えている人は注意を受けていたようです

ただ、体脂肪率20%といっても、筋肉の量によってだいぶ見た目は変わりますね
同じ健康診断を受けていた友人、身長174cm 体重64kg 体脂肪率22%は、正直見た目的にはかなり細身です
ですが、一方私のような身長177cm 体重73kg 体脂肪率19%で、その友人より身長差が若干あるとはいえ体重差が10kgあり、だいたい体脂肪率が同じ体の見た目としては、どちらかというと筋肉質な印象で脂肪はそこまで目立たない気がします
(トレーニーの方たちに弁明しとくと、もちろん一般人と比べて、という意味です笑 後で書きますが俺の筋肉はまだまだぺーぺーです笑)

ただ、脂肪にも皮下脂肪と内臓脂肪があるので、そこらへんの違いによっても見た目の差は出てくるような気がします。
特に私の場合は内臓脂肪が最近増えているような気が・・・

ちなみに、筋肉の量が増えると当然体重は増えます
日本人は体重の数値ばかり気にする傾向にありますが、数値は重要ではなく、大切なのは内訳ですね

スポンサーリンク

まとめる

自分の体脂肪率をずっとはかってなかったので、今回判明したのを良い機会にまとめてみました
まさか約20%もあると思ってませんでしたね・・・

とりあえず現在は筋肉をつけていってるとこなので、脂肪を落とす予定は直近ではありません
しかしこんくらいで脂肪をしっかり落としたら女子受けしそうな細マッチョにはなりそうです笑
まあ俺が目指す体には筋肉が全然足りないのでしませんが。

トレーニング途中での体脂肪率20%ぐらいの体の見た目の参考になれば幸いです(何がだ!?笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました