エンジンガードバッグ・クラッシュバーバッグがアドベンチャーバイクにおすすめ!

スポンサーリンク

今回はエンジンガードに取り付けるバッグの紹介です!

ちょっとマイナーな知る人ぞ知るという感じの積載方法ですが、小物類の収納に便利なのでアドベンチャーバイク乗りならぜひ知っておくといいでしょう!

スポンサーリンク

エンジンガードバッグ・クラッシュバーバッグはその名の通りエンジンガードに取り付けるタイプのバッグ

エンジンガードバッグ・クラッシュバーバッグはその名の通りエンジンガードに取り付けるタイプのバッグです。

アドベンチャー系のバイクにはだいたいオプションでエンジンガードがあり、装備している人も多いと思いますが、そういうバイク向けのバッグですね。

容量はだいたい片側5Lぐらいで左右セットな場合が多いです。

タンクの給油口を潰さずに小物類を出し入れすることができるので、その点は結構便利かもしれませんね。

あとはなんといっても、「通」っぽさが出るのも特徴ですw

わざわざメインバッグを圧迫するようなものではない小物類の収納にめちゃくちゃ便利!

例えば以下のようなものの収納に大活躍します。

  • レインウェア
  • 車載工具
  • ペットボトル
  • 盗難防止ロック

などなど。

確かに必要は必要なものですが、メインの収納部を圧迫するようなものでもない微妙なもの(笑)を入れておくのに便利です

レインウェアやペットボトルとかは出し入れがしやすいほうが便利ですね!

長期ツーリングだと上記類は必ず必要ですし、タンクバッグと異なりつけっぱなしでもそこまで気にならないバッグですので、チョイノリとかでもあると便利かもしれませんね!

足部分の防風効果が高まるという付加効果も

エンジンガードから横に張り出すように取り付けるようなバッグですので、足部分の防風効果が少し高まるという特徴もあります。

まあこれはメインの機能ではないのであくまでおまけですが、一応情報として紹介しておきます。

冬とかだと寒さが少しましになるかもしれませんね。

ただし転倒した場合もろに潰されるので、入れるものは選びましょうw

ただし転倒した場合はもろに車体の負荷がかかる場所ですので、入れるものは選びましょう

先ほど例にあげたようなものだと大丈夫ですかね!

工具とか衣類だったら大丈夫でしょう。

スポンサーリンク

ジビ(GIVI) 防水エンジンガードバッグ

エンジンガードバッグといえばまず真っ先に候補にあがるのがジビの防水エンジンガードバッグです。

片側の容量は5Lで、素材が防水というのがグッドですね。

ベルト固定なので車種問わず使うことができ、エンジンガードバッグを探しているのであればまずはジビが有力な選択肢になるでしょう。

スポンサーリンク

SW-MOTECH ドライバッグ80

お次はSW-MOTECHのドライバッグシリーズのドライバッグ80です。

ドライバッグシリーズは、SW-MOTECHから出ている防水バッグですね。

ですので防水性能は問題無いでしょう!

量も8Lと、今回紹介する中では最も大きいものとなっています。

見た目も結構かっこいいですね!

スポンサーリンク

ツアラテック(TOURATECH) クラッシュバーバッグ

ツアラテック(TOURATECH)というブランドも同様のバッグを出しています

こちらは車種専用で、アフリカツインとR1200GSについては取り扱いがあるようですね。

ジビのものより横幅抑えめでデザインがエンジンガードに沿うようなものになってるので、まあここらへんはデザインの好みがどちらかという感じでしょう。

簡易防水ではありますが、完全防水ではないので、防水性能が必須ならばジビのほうを選択してください。

容量は片側4.5Lです。

スポンサーリンク

まとめ:ちょっと変化球な積載方法ですが気になったら検討してみるのもいいのでは!

というわけでエンジンガードバッグの紹介でした。

メインに使っていくような積載方法ではありませんが、場合によってはあると便利な積載方法かもしれませんね。

とはいえ、はじめにも書きましたが、使い方次第では今まで届かなかったかゆいところに手が届くようなそういうバッグでもあります

欲しいなと思ったら検討してみるのもいいかと思われます^^

ツーリング先のホテルの予約には楽天トラベルがおすすめ!

宿泊ツーリングでのホテルの予約には楽天トラベルがおすすめで、私も毎回利用しています!

地域名でホテルの検索をかけることができる上に、次回予約時に使えるポイント還元などなど、定番ながらしっかりと使いどころを抑えているのがさすがですね。

キンドルアンリミテッドでバイクジンやライダースクラブ含めた様々なバイク・車雑誌が読み放題!

バイク乗りにも実はおすすめな「キンドルアンリミテッド」の紹介です。

ご存じのように書籍が定額で読み放題なサービスなのですが、そのラインナップの中には「バイクジン」や「ライダースクラブ」、「クラブハーレー」、「モトチャンプ」など、他にも車系雑誌が含まれています!

しかも、話題の漫画のはじめの数巻が読めたり、普通に男性・女性ファッション誌が読めたりなど、雑誌のラインナップは本当に豊富ではっきり言って月額980円は余裕で回収できます

本当におすすめなので気になったら無料体験をしてみてください!

積載方法・荷物系
スポンサーリンク
マサをフォローする
自由気ままに。

コメント

タイトルとURLをコピーしました