自由気ままに。

人生はもっと自由で気ままだと声を大にして言いたいライダーの備忘録。主にツーリング系の記事がメインとなります。

整備

バイクのマフラーに水が入るのを防ぐマフラープラグのレビュー

投稿日:

デイトナのマフラープラグを購入したので軽く紹介しておきます。

マフラープラグは上記写真のように、マフラーの排気口に取り付けることで洗車のときに水が入らないようにすることができます

また、マフラーを交換した際の排気漏れのチェックなどにも使えますね。

洗車時にバイクのマフラーに水が入るのを防止・排気漏れのチェックに使えるマフラープラグ

マフラープラグは、このようにマフラーの排気口に挿し込むことでマフラーのパイプ内への水の侵入を防ぐようなバイク用品です。

マフラープラグというワードで調べたらいくつか商品が出ると思いますが、まあお馴染みのデイトナので問題ないでしょう。

ビッグサイズとスモールサイズがあり以下のように径ことに使い分ける感じです。

  • ビッグ:径28~58(mm)
  • スモール:径10~34(mm)

どのサイズが対応しているかは、自分のバイクのサイレンサーの排気口の径を定規とかで測ってください

本体だけの写真はこんな感じです。

様々な排気口の径に対応するように先端に向かって絞るような形になっています。

マフラーの排気漏れチェックにも使える

あとはマフラーの排気漏れのチェックにも使えます

詳しく書くと話がそれるのでザックリとした解説ですが、マフラーの排気漏れのチェックはエンジン始動後にそのままマフラーの排気口にマフラープラグを挿して蓋をし、その後の挙動により判断します。

排気漏れがなくしっかりと密閉されていればそのままエンジンは停止しますが、もし排気漏れがある場合はどこかから空気が漏れる音がするのでそれで確認という感じですね。

エンジン始動後に排気口を塞いでエンジンが停止したからといってエンジンに大きなダメージが加わるとかそういうことはありません。

社外マフラーだと径が対応してない場合があるのでその時は素直に諦めてくださいw

ちなみに、リプレイスのマフラーによっては排気口が大きすぎてはまらない場合があるので、その場合は素直に諦めましょうw

台風の日とかにもマフラーに挿しておけば水が入らず安心ですね

あとは、台風の日とかにも挿しておけば水が入らず安心ですね。

屋外駐車場の場合、台風の日にバイクカバーをかけておくと風でバイクが倒されてしまうので、その場合はマフラープラグを挿しておくのが良いでしょう。

軽い紹介だけですので内容としてはそこまで濃くありませんがこんなところで^^

ツーリング先のホテルの予約には楽天トラベルがおすすめ!

宿泊ツーリングでのホテルの予約には楽天トラベルがおすすめで、私も毎回利用しています!

地域名でホテルの検索をかけることができる上に、次回予約時に使えるポイント還元などなど、定番ながらしっかりと使いどころを抑えているのがさすがですね。

キンドルアンリミテッドでバイクジンやライダースクラブ含めた様々なバイク・車雑誌が読み放題!

バイク乗りにも実はおすすめな「キンドルアンリミテッド」の紹介です。

ご存じのように書籍が定額で読み放題なサービスなのですが、そのラインナップの中には「バイクジン」や「ライダースクラブ」、「クラブハーレー」、「モトチャンプ」など、他にも車系雑誌が含まれています!

しかも、話題の漫画のはじめの数巻が読めたり、普通に男性・女性ファッション誌が読めたりなど、雑誌のラインナップは本当に豊富ではっきり言って月額980円は余裕で回収できます

本当におすすめなので気になったら無料体験をしてみてください!

ツーリングがもっと楽しくなるような情報も紹介しています!

以下のまとめページは、私がツーリングをしていく中で欲しいなと思ったバイクカスタムや、もっと快適にするようなバイク用品、そしてカメラ機材からその他のバイク情報を発信しています。

参考にしていただけると幸いです!そしてもっとバイクライフを楽しみましょう!

-整備

関連記事


気軽にコメントしてください!

雑談や書いてほしい記事の要望などなんでもOKです!
個別にやり取りが必要な場合、お問い合わせのページでご連絡ください。
コメントはこちらで確認後承認し反映されますので、表示までに少し時間をいただきます。

CAPTCHA


プロフィール画像
名:マサ
年:1992年生
住:東京
バイク:FZ1-S

ツーリングレポートやバイク関係のことを書いています!

特に好きなことは観光ツーリングで、バイクで日本全国を巡るのが目標。

詳しい自己紹介はこちら:自己紹介とバイク歴
ツイッターはこちら:@jiyu_touring
お問い合わせ:こちら

Menu