管理人のキャンプツーリング用品まとめ

キャンプツーリング

管理人のキャンプ用品をまとめておきます

まだまだ積載方法や持っていくものは模索中なので、今後増えたり減ったりすると思いますが、一先ず現状をまとめておきます。

グッズが変わったタイミングでこの記事はどんどん修正をかけていく予定です!

管理人のキャンプツーリング用品一式をまとめておきます

だいたいこんな感じ

というわけで管理人のキャンプツーリング用品一式をまとめて紹介しておきたいと思います。

だいたい一式は上の写真のような感じです。

ここをキャンプ地とする!

次にも書きますが、一人でぶらぶらするときはトップケースと防水シートバッグ(+DODのライダーズクーラーバッグ)の組み合わせで、キャンプ用品は頑張って防水シートバッグにおさまるようにしたいところです。

積載方法:トップケース+防水シートバッグがメイン

トップケース+防水シートバッグ+クーラーバッグ+タンクバッグ

まずは積載方法から。

基本トップケース+シートバッグ(+タンクバッグ)です。

サイドキャリアもついているので、日数が長い場合はフルパニア+シートバッグという形ですかね。

トップケースとシートバッグの併用はバイクで最強の積載方法だが・・・
前からの憧れ?というか、以前からしてみたかった積載方法である「トップケース+シートバッグ」の組み合わせを実際にしてみたのですが、意外と盲点だったことがあったりしたので記事にしておきます! シートバッグ+トップケース(+タンクバッグ+ホルス...
バイクのフルパニア、おすすめ社外メーカー徹底比較
バイクでフルパニア・・・かっこいいですよね~!フルパニアでロングツーリング、憧れますよね!私も実家に帰省するときなどはフルパニアです笑。 さてさてそんなフルパニアですが、最近なんかは純正品が用意されている場合が多いですが、車種によっては純...

トップケースはK-MAXの50Lのものだが、後々アルミケースにしたい

トップケースはK-MAXの50Lのものです。GIVIのモノキーベースにポン付け可能。理由はGIVIより安かったので笑。

横幅が59cmとでかめですが、シートバッグが横幅70cmで更にでかいので横幅はもはや気にならなくなっています笑。

キジマ(K-MAX)リアボックス 50L K22 レビュー
キジマのトップケースを購入したのでレビューしていきます! 物自体はK-MAXという台湾ブランドのOEM品ですね。 GIVIのベースをそのまま使える上に非常に安価なので、トップケースを探してる場合は候補の一つに入ってくると思います! ...

ただ、後々はGIVIのアルミケースにしたいなと考えています。

アルミケースだとケースの上に一時的に荷物を載っけたりするのに便利そうなので。

薪とか載せるのに便利そうですね。

トップケース愛用者が語るバイク用おすすめのトップケース(リアボックス)
さて、今回はトップケース愛用者の管理人がおすすめのトップケース(リアボックス)や、トップケースの選び方などを独自目線で紹介していきたいと思います! ツーリングや通勤通学で使用するならば一度使ったらもう無いのは考えられないというぐらいに本当...

防水シートバッグはSW-MOTECH ドライバッグ600(60L)

過去にはタナックスのキャンピングシートバッグ2を使用していましたが、今後ツーリングの機会が増えていけば雨の中走行することも増えるだろうということで、天候に左右されず行動しやすいよう防水シートバッグに行き着きました

使っているシートバッグは、SW-MOTECHのドライバッグ600(60L)です。

黄色い蛍光色がかっこいいなと感じたのでこちらにしました。

多くのシートバッグ同様バックル固定ですし、荷物の出し入れ口が上部にあるのでバッグを固定したまま荷物を出し入れできたりと使い勝手も良くおすすめです。

SW-MOTECH 防水シートバッグ・ドライバッグ600 レビュー
SW-MOTECHの防水シートバッグ・ドライバッグ600(60L)を購入したのでレビューしていきます! 今回初の防水シートバッグでしたが、生地も丈夫そうで容量も十分、色もかっこいいと買ってよかったと思います! SW-MOTECH ドライ...

今後荷物が増えそうであれば、このように複数積む可能性もあります

また、SW-MOTECHのドライバッグはバックルで簡単に同社の防水シートバッグを積み重ねることができたりするので、今後荷物が増えそうであればこのような積み方も候補に入ってくるだろうなと考えています

キャンプツーリングにおすすめなシートバッグ
以前、シートバッグ全般のおすすめの記事を書きましたが、今回はキャンプに特化したシートバッグ・防水バッグ特集です! キャンプ向けのシートバッグ・防止バッグは本当に使用用途が想定された機能性優れたものなので、キャンプするならもう絶対に買っとけ...
バイクでおすすめの防水シートバッグ
さて今回はバイクの防水シートバッグ特集です! 防水シートバッグは基本的にメインの荷室が一つしかないというシンプル構造ですが、生地が防水なので雨関係なし!しかも洗いやすい!などの特徴があるのでとにかく走るの重視なツーリングライダーにはぴった...

DOD ライダーズクーラーバッグ

(とりあえずですが、)ドライバッグにカラビナでDODのライダーズクーラーバッグを固定しています

キャンピングシートバッグだと食料品系はシートバッグの拡張で対応できたのですが、防水シートバッグは荷物の融通があまりきかないので・・・とりあえず食料品用という感じです。

と言ってもそんなに容量が多くありませんが・・・

タンクバッグ

タンクバッグはGIVIのタンクロックを使用しています。

使い勝手は良いのですが・・・こちらも天候に左右させないバッグが良いなと思い、後々防水タンクバッグに買い替え予定です。

ちなみに検討しているのは同じくGIVIの防水タンクバッグです。

過去に使用したキャンプツーリング用バッグ

タナックス キャンピングシートバッグ2 レビュー
元々フィールドシートバッグを持っており、それでキャンプツーリングに挑戦したもののサイズが全然足りず大変だったので、新しくキャンプツーリング用途でタナックスのキャンピングシートバッグ2を購入しなおしました! キャンピングシートバッグ2と言え...

テント類:ワンタッチテントが最強!

現在はDODのライダーズバイクインテントを使用しています。

前室広め&キャノピー付きのワンタッチテントですね。

収納サイズがはっきり言ってでかいのが難点ですが、使い勝手で言えば一人で使う分にはこれ以上のテントは無いと思われるので、今後もメインで使っていきたいテントです。

ですが、あまりにも収納サイズに嫌気がさした場合は、同じくDODのワンタッチテントやライダーズワンタッチテントあたりに変更する可能性も無きにしもあらずですが、いずれにせよ設営の面でワンタッチテントを一度経験するとワンタッチ以外は考えられないので、ワンタッチ系で選ぶことになると思います。

キャンプツーリングにおすすめのテントと選び方
これからキャンプツーリングをしたくてテントを購入する方へ、基本的な選び方とおすすめのテントを紹介しています。 私が実際に購入していろいろ使ったり、周りのツーリング仲間がチョイスしたものなどを色々見てきた経験があるので、この記事を参考にして...
DOD ライダーズバイクインテント レビュー
というわけで、DODのライダーズバイクインテントに行き着いたのでレビューしていきます! 収納サイズ以外は特に不満は無く、むしろ機能面ではベストとも言えるのでしばらくはこちらのテントをメインに使っていく予定です! キャンプツーリングでおす...

将来的にはタンデムキャンプツーリングにも挑戦したいので、その際にはライダーズタンデムテントを選ぶと思います。

ペグ・ハンマー

ペグとペグハンマーも別で用意しています。ハンマーはキャプテンスタッグのもので、ペグはエリッゼのものです。

ハンマーは頭の部分が結構壊れるというレビューがありましたが、今調べたらキャプテンスタッグのハンマーは形状が変わってますね^^;

壊れたらそちらに買い換えると思います。今のところは大丈夫そうですが。

ペグについてはちょっと重いので軽いペグに変えようかと検討しましたが、強度については申し分なくハンマーでガンガン叩いても壊れる様子が一切無いので迷い中です。

キャンプツーリング用にペグ・ハンマー・ケースを別途購入
現在キャプテンスタッグのテントを使ってるのですが、ペグがお世辞にも十分というわけではないので、どうせこの先使いまわしができるだろうということで、ペグ単体を購入してみました! それに伴い、ペグハンマーとペグケースも合わせて購入しています...

過去に使用したテント

キャプテンスタッグ リベロツーリングテントUV レビュー
さて今回はキャプテンスタッグのリベロツーリングテントUVのレビューをしていきます! 私がキャンプツーリングをするにあたり始めて使用したテントですので、そういった点を踏まえてレビューをお読みいただければと思います! ざくっとコスパが良く機...
キャンプツーリングにおすすめのテントと選び方
これからキャンプツーリングをしたくてテントを購入する方へ、基本的な選び方とおすすめのテントを紹介しています。 私が実際に購入していろいろ使ったり、周りのツーリング仲間がチョイスしたものなどを色々見てきた経験があるので、この記事を参考にして...

タープ:DOD ライダーズコンフォートタープ

タープはDODのライダーズコンフォートタープを選びました

夏場だと日陰を作れるとだいぶキャンプ環境はましになりますね。次の日の朝も日陰があると割とゆっくりできるかと笑。

太陽の日差しの下で朝ゆっくりなんかできないでしょうからねw

まだバイクで使ってないのですが、バイクなので収納サイズのことを考えると、バイク向けの設計であるこちらを選んでおくのが間違いないかなという感じです。

他にも良さそうなタープはあったので、気分次第で他のものももしかしたら試すかもしれませんが、今のところはそこまで急ぎでもないのでしばらくはこちらを使っていく予定です。

コンパクトなので2人ぐらいで丁度いいサイズです

バイクのキャンプツーリングでおすすめのタープ
さて今回は、キャンプツーリングするときに無くてもできるがなんやかんやあると便利な時もあるというタープの中で、バイク向けにおすすめのものを紹介していきます! やはり夏場に日陰が作れるのは大きなメリットかと思いますし、タープのあるとやはりキャ...
DOD ライダーズコンフォートタープ レビュー
人生初タープ!にDODのライダーズコンフォートタープを選んだのでレビューしていきます。 バイク用途であることを考えるならば、バイク向けに設計されたコンパクトサイズのこちらのタープはやはりおすすめです。 一人の設営は慣れるまで大変かと思い...

マット・コット

コットは現在はDODのバッグインベッドを使用しています

ただ夏場は生地的に蒸れるんで、サーマレストのメッシュコットも検討中です。

また、組み立てるときに足のはめ込みが地味にだるいので、ヘリノックスのコットワンコンバーチブルタイプのコットに買い替え予定です。

経験者が語るキャンプツーリングでおすすめのコット
さて今回は、実際に使った経験を踏まえてキャンプツーリングでおすすめの厳選コットを紹介していきたいと思います! 見るべきポイントは収納サイズ・生地・組み立てやすさの3つ! まずはじめに、コットとはキャンプなどで使う組み立て式の簡易ベッ...
DOD バッグインベッド(コット) レビュー
初コット!DODのバッグインベッドを購入したのでレビューです! 比較的安価でモノもいいのでキャンプツーリングでコットを検討しているなら有力な一つの選択肢になるかと思います! が、しかし、、、私は一点だけ非常に気になるとこがあり、結構...

前は折りたたみタイプを使用していました。

キャプテンスタッグ EVAフォームマット レビュー
キャプテンスタッグのEVAフォームマットを実際に使用してみたのでレビューです! 安価な上に普通に使えたので今だと銀マットよりこっちのほうがおすすめですね! キャプテンスタッグのEVAフォームマット、キャンツーをする場合とりあえずはこ...

シュラフ:時期に合わせて3つ所有。高くなってもいいからとにかく収納時コンパクトなものを探している

シュラフですが、時期に合わせて3つ持っています

真ん中の春秋用でもかなりでかいので、バイクのキャンツーだと積載方法がシートバッグ一つで真ん中や左のシュラフを持っていくのは現実的ではありません。

他の荷物を相当切り詰めたら入るかもしれませんが・・・

テントの次にかさばるキャンプ用品ですので、多少高価になろうともコンパクトなものを選んでいきたいと考えています

キャンプツーリングにおすすめの寝袋(シュラフ)と選び方
さて、先日の記事でおすすめのテントを紹介しましたが、お次は寝袋(シュラフ)です。 バイクでのキャンプツーリングを想定した目線で解説していきます! 材質はダウンか、化繊か選ぶ まず、寝袋には二つ、ダウンと化繊(化学繊維・ポリエステル)の...
寝袋・シュラフの簡単な収納方法は畳まず詰め込むだけでOK
良い情報を教えてもらったのでシェアしておいます。 キャンプツーリング用品って撤収するときの収納が意外とめんどくさいですよね。 用品の中でも今回は「寝袋・シュラフ」の楽な収納方法です! 聞いて試したときは目から鱗でしたね笑。 寝袋...

テーブル:結局一番大きいサイズを購入。MoonLence  アルミロールテーブルMサイズ

テーブルは、キャプテンスタッグのアルミロールテーブル、DODのライダーズテーブルときて、結局バイクのキャンプツーリングで使うならおそらく最大サイズであろうMoonLenceのアルミロールテーブルMサイズ(収納時横幅56cm)を使用しています

キャンプは荷物が増える一方の人と荷物が減る一方の人の2タイプがありますが、荷物が増える方向のキャンパーである私はやはり大は小を兼ねるということでテーブルのサイズも大きくなっていきました^^;笑。

サイズにはかなり余裕があるので、タンデムキャンプツーリングでも余裕で事足りるサイズです

キャンプツーリングでおすすめのテーブル
さて今回はキャンプツーリングでおすすめのテーブルを紹介したいと思います。 上記画像の2つのテーブル、あなたはどちらを使いたいですか?wという感じですね笑。 もちろんコンパクトに収納できることも大事ですが、収納サイズが許す限り大きいほうが...
キャプテンスタッグ アルミロールテーブル M-3713 レビュー
キャンプツーリングのテーブルでは一番定番と思われるキャプテンスタッグのアルミロールテーブルのレビューです! キャンツーでおすすめのテーブル: こちらのDOD ライダーズテーブルもおすすめ!: キャンツーのテーブルでおそらく...
DOD ライダーズテーブル レビュー
というわけで、キャプテンスタッグのアルミロールテーブルが想像以上に天板サイズが小さかったので、新しくDODのライダーズテーブルを購入です! 収納時の横幅が50cmなのでタナックスのキャンピングシートバッグの標準時でも入る 天板カ...

椅子:チェアワン・チェアツータイプ一択

椅子はこのタイプですね。

ハイバックタイプ、いわゆるヘリノックスのチェアツータイプ(上)を現在は使用しています。収納サイズもそこまで変わらないですね。

別にどっちでもあんまり変わりません笑。

キャンプツーリングでおすすめの椅子・アウトドアチェア
キャンプツーリングで椅子は必ず必要です。 地面に直接座ってもいいですが、地面が濡れてると服が濡れますし、何よりゆっくり腰を落としてキャンプを楽しみたいですよね。 さて、キャンプ用の椅子ですがもうこれ一択というぐらいの決定版がありますので...

ランタン・ランタンスタンド・ヘッドライト

ランタンはDODのLEDソーラーポップアップランタン、ランタンスタンドは現在FLYFLYGOのものを使用しています。

ランタンは機能面では不満は無いので継続して使っていく予定です。

キャンプツーリングでおすすめのランタン
さて今回はキャンプをするなら絶対に必要な道具の一つ「ランタン」のおすすめを実際にいろいろ試した経験から紹介したいと思います。 と言ってもこれも決定版とも入れる良い商品があるので、基本的にはそちらを選んでいただければ間違いありませんw 選...
DOD ソーラーポップアップランタン レビュー
さて今回は、DODのソーラーポップアップランタンのレビューをしていきたいと思います! 私がこれまで購入したランタンとしては3つ目ですが、現状特に不満はないのでしばらくはこちらのランタンをメインに使用していく予定です! キャンプツーリ...

ランタンスタンドは絶対に必須です!

とりあえず安かったのでFLYFLYGOの物を使用していますが、地面に打ち込むときポールをジョイントさせる部分と共通になってるので、DODのアンコウスタンドに買い換えるかもしれませんが、そこまで急ぎではありません。

キャンプツーリングでおすすめのランタンスタンド
キャンプツーリングに向けてランタンを購入したら是非セットで購入したいのがランタンスタンドです! テーブル直置きでもいいのですが、ランタンを置くスペースが取られる上に視認性が微妙に悪かったりするので、実際のところランタンスタンドは必須です笑...

あとはヘッドライトですね。

これも絶対にあったほうがいいです。

ヘッドライトは何でも良いと思います。私は以下のものを使用中。

クッカー・クッキングバーナー

クッキングバーナーはSOTOのST-310です。

カセットガスボンベ缶ならもうこれがおすすめですね。

結構安物も出回ってますが、あれは初めに購入したものの、すぐ壊れて使い物になりませんでした(汗)

火を使うものなので、品質に信頼あるブランドのものを選ぶのが良いかと思います!

後はガスバーナー。地味に持ってると便利

ガストーチも。

クッカー・カトラリー・調味料(スパイスボックス)

クッカーはコールマンのソロクッカーセット。

あとは同じくコールマンのホットサンドメーカーも使用しています。

キャンツーでおすすめのホットサンドメーカーで朝食を一気に豪華にする!
さて今回はレビューもかねておすすめのホットサンドメーカーを紹介したいなと思います。 どちらかというと絶対に必要なキャンプグッズというわけでもないのですが・・・これだけで一気に朝食が豪華になるので個人的にはめっちゃおすすめな調理器具です! ...

カトラリーは何でも良かったので、アマゾンで検索して上の方に出てきたやつを使用しています。

調味料系もスパイスボックスにまとめておけると便利ですね。毎回キャンプごとに買っていったらどんどん小さい調味料が増えて行って大変なことになります笑。

とりあえず私はコールマンのスパイスボックスを使用していますが、バイクツーリングなのでサイズが小さいのが良いですね。

キャンプツーリングで調味料をまとめておくのにスパイスボックスがおすすめ
キャンプツーリングに行くようになって前々から思っていたことは、調味料を整理したいということでした。 調べているとスパイスボックスという専用のケースがあるようなので、早速導入してみました! 管理人のキャンプツーリング用品まとめ: キ...

コップはスノーピークのチタンシングルマグ(300ml)

お気に入りです!

あとは、スティックコーヒーも持っていってます。楽なので。

後はここらへんも検討中です。

焚火台・BBQコンロ・着火剤

焚火台はロゴスのピラミッドTAKIBI Mサイズです。

もっとコンパクトな焚火台はありますが、使いやすくてお気に入りです。

五徳も便利ですし、焼き網がちょうど半分なので少人数のBBQもやりやすいです。

前はKaliliの焚火台も使ってました。

現役ライダーが選ぶキャンプツーリングでおすすめの焚火台
この記事ではキャンプツーリングでおすすめの焚火台を紹介していきます。 キャンプツーリングで、すなわちバイク乗り向けの内容です!私もバイク乗りですから! ですから特に収納サイズを重視しています。 焚火台にはバーベキューコンロとしても使え...
ロゴス ピラミッドTAKIBI レビュー【キャンプツーリングで使用中】
現在メインで使用している焚火台兼BBQコンロである、ロゴスのピラミッドTAKIBI Mサイズのレビューをしていきます! 高機能でコンパクトなので、総合的におすすめできる焚火台です! おすすめの焚火台: ロゴスのピラミッドTAKIB...
Kalili 焚火台(ユニフレーム ファイアスタンド類似品) レビュー
今回はKaliliの焚火台のレビューです。 と言ってもモノはユニフレームのファイアスタンドの類似品でいろんな名前のブランドが出してるOEM品ですね。 ユニフレームのファイアスタンドとはメッシュシートの粗さと寸法が異なりますが、構造は...

着火剤はロゴスのものがおすすめです。

普通に焚き火をするなら左を、BBQをするなら普通に炭として使えるので右のミニラウンドストーブが絶対おすすめです。

ミニラウンドストーブは、一つでちょうど先程のピラミッドTAKIBI Mサイズの4分の1ですので使い勝手が非常に良いです。

キャンプツーリングでおすすめの着火剤は固形タイプ一択!
キャンプで焚火・バーベキューはもはや必須! というわけで、今回はキャンプツーリングでおすすめの着火剤を紹介したいと思います! 着火剤と言えばジェルタイプをイメージするかもしれませんが、固形タイプが断然おすすめなのです! 【管理人使...

火ばさみはスノーピーク。(後で写真撮り直して起きます笑)

肉を取るときも普通に火ばさみでやってます笑。だいたいBBQしたら火力が凄いので笑。熱で殺菌はできているだろうと・・・笑。

ただ、スノーピークの火ばさみは開きっぱなしなので、そこがちょっとめんどくさいかなと。

トングみたいにストッパー?的な物があるタイプも良さそうですね。

【虫対策】蚊取り線香・虫刺され用塗り薬:絶対に必要!

キャンプは自然の中で行うので虫対策は絶対に必須です。

特に蚊、ブヨあたりですね。テントの中で蚊が一匹でも入ればその夜はもう戦闘開始です。そしてだいたい一匹で済まないのが大自然です笑。

電池式アースノーマットのような蚊よけもありそちらのほうが持ち運びが手軽は手軽なのですが、効果が段違いに違うので絶対に蚊取り線香がおすすめです!

両方使い比べた私はもう蚊取り線香一択です。

蚊取り線香はポキポキ折りながら使えば時間調整も臨機応変に対応できるので、一泊のキャンプぐらいだと一つ持っていけば問題は無いでしょう。

あとはホルダーもおすすめです。

本当に虫が多いキャンプ場とかになると普通の蚊取り線香だと虫を防げない場合があるので、そういった場合は赤い蚊取り線香である森林香がおすすめです。

これは林業を行う人など向けの製品なのですが、とにかく効果がめちゃくちゃ良いです。

はじめからこちらを購入するのもありだと思います!

虫対策はするものの、なんやかんや刺されることが多いので、かゆみ止めも用意しておくのがおすすめです。

特にブユに噛まれた場合結構痒みと腫れが酷いので、ステロイドが含有されているムヒアルファEXがおすすめです。

液体タイプなので持ち運び、使い勝手も良いです。

ちなみにブヨに刺されるとこんな感じです。先程も述べましたが、結構腫れて尋常じゃないぐらい痒いです。

一度失敗経験をして蚊取り線香は必須だと実感するのもいいと思いますし、私のアドバイスを元にしっかり準備しておくのもありです笑。

マスツーリングでキャンプする場合、おそらく虫対策をあまりしていないメンバーが一人ぐらいいる可能性は大ですので、そのメンバーを横目に見つつ虫対策しておいてよかった~というのもありだと思います笑。

トイレットペーパー:地味に役に立つので一個持っていっておくのがおすすめです笑

ティッシュペーパーも地味にあると便利です!

使用済みのクッカーやコップに残った水分を拭いたりするのに便利ですし、野宿であれば用を足すのに必要ですしね。

こういうアウトドア向けの専用ケースもあるのでこちらもおすすめです!

まとめ:参考になるかわかりませんが!

というわけで私のキャンプツーリング用品まとめでした。

キャンプをする時、どんどん荷物が増えていくタイプと、どんどん荷物が減っていくタイプの2種類がいますが、私はどんどん荷物が増えていくタイプです笑。

ですからこれが便利そうだなと感じたらどんどん追加していく感じになりますw

良いと思ったのがあれば是非!

ツーリング先のホテルの予約には楽天トラベルがおすすめ!

宿泊ツーリングでのホテルの予約には楽天トラベルがおすすめで、私も毎回利用しています!

地域名でホテルの検索をかけることができる上に、次回予約時に使えるポイント還元などなど、定番ながらしっかりと使いどころを抑えているのがさすがですね。

キンドルアンリミテッドでバイクジンやライダースクラブ含めた様々なバイク・車雑誌が読み放題!

バイク乗りにも実はおすすめな「キンドルアンリミテッド」の紹介です。

ご存じのように書籍が定額で読み放題なサービスなのですが、そのラインナップの中には「バイクジン」や「ライダースクラブ」、「クラブハーレー」、「モトチャンプ」など、他にも車系雑誌が含まれています!

しかも、話題の漫画のはじめの数巻が読めたり、普通に男性・女性ファッション誌が読めたりなど、雑誌のラインナップは本当に豊富ではっきり言って月額980円は余裕で回収できます

本当におすすめなので気になったら無料体験をしてみてください!

キャンプツーリング
マサをフォローする
自由気ままに。

コメント

タイトルとURLをコピーしました